とーしばブログ

こんにちは、とーしばブログのとしです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でのワーホリの体験談、フィリピン、マレーシアでの留学経験。読書や勉強で得た知識や考えやニュージーランドでの投資についてブログで発信しています。

バンクーバーで大手ホテル面接を受けた体験談/ホテルの面接で聞かれたこと【カナダワーホリ】

こんにちは とーしばブログのとしです。

バンクーバーにいるときにShangri laホテルから面接のオファーが来て面接に行きました。

最終的には採用されませんでしたが、今回は面接で聞かれたことや感じたことなどをシェアしたいと思います。

f:id:toshihsto145:20190530103925j:image

 

シャングリラホテルの面接

 

Indeedでホテルの求人を見て他のホテルと同様にシャングリラホテルにもindeed経由でレジュメを出しました。シャングリラホテルから電話をもらい面接の日と時間を設定しました。

電話をもらった時は中国系の女の人に電話面接を事前に受けました。

時間は15分ほどでした。

そのあとに実際にホテルでも二対一で面接を受けました。

f:id:toshihsto145:20190530151544j:image

事前の電話面接で聞かれたこと

 

電話面接で聞かれたのは

  • 以前勤めていたホテルの経験
  • なぜホテルの仕事を辞めたのか?
  • どれくらい勤めていたか?
  • 面接希望日と時間
  • シャングリラについて知っていることについて
  • 将来のキャリアをどうしたいか?
  • ビザはなんのビザか?
  • 休日の時間の過ごし方

などでした。

 

⇒今回の面接でとくに重要だと思ったのは事前にホテルについて少しでも知っておくことです。

 

大きなホテルの面接を受ける際は、事前にそのホテルの情報やどんなブランドのホテルかを事前に予習しておくといいです。いくつかカナダのホテルの面接を受けましたが、いざ聞かれるとわかりませんでした。

なので面接の前にホテルの情報や知識の予習をしておくといいです。わりと面接で聞いてくる場合があるからです。

もちろん、完璧に答えられなくてもある程度知っておくと採用されやすいと思います。

 

もし質問に答えられなかったら?

 

分からない場合は、ホテルのブランドや部屋の雰囲気やロケーションなど、僅かでも知っていることは伝えましたが、素直に分からないことを伝えました。素直に分からないと伝えることが大切ですが、これから会社のことについて勉強したいなど、なるべくポジティブに伝えると良いと思います。

 

シャングリラホテルへ行く

 

シャングリラバンクーバーで面接を受ける時間10分前くらいに到着して、フロントの人に面接で来たことを伝えました。

 

面接に行く時はフロントに面接があることを伝えて自分の受ける部署の名前を言います。 僕の場合はハウスキーピングですね

 

フロントの人に「I have an appointment」とか 「I have a job interview today」と伝えて、

部署を言う時は 「My department is housekeeping department」とかでいいと思います。

 

ちなみにRoom attendant は一応ハウスキーピングの別の言い方です。意味は同じです。


f:id:toshihsto145:20190530095302j:image
f:id:toshihsto145:20190530095308j:image

シャングリラホテルのロビーの席に座り15分ほど待機していました。 ホテルのロビーをビジネスマンらしきグループや裕福そうな人達が行き来していました。 とても僕みたいな人間には縁がなさそうな場所です。いつかはこんな場所に泊まって優雅に過ごしたいですけどね。

ホテルはよくビジネスマンが出張で泊まったり、会議の場所にも使われるので、ビジネスマンがたくさんいたりします。 会議やセミナーなどもホテルの会場が使われたりします。 あとは近年裕福な人が多い中国系の人もたくさんいます。

 

シャングリラについて予習

 

せっかくなのでシャングリラについて書きます。どんなホテルなのか? って知っておいて損はないでしょう。 このブログを見てから実際にシャングリラバンクーバーの面接に行く人もいるかもしれません。

 

シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ(Shangri la hotels and resorts )

 

・ホテルの本拠地  : 香港

創業: 1971年 

 

・香港を拠点にするアジア太平洋地区にラグジュアリーホテルを展開する

 

・マレーシア出身のロバート クックが1971年にシンガポールで最初のホテルを開く

 

・ ホテルの名前の由来  

ジェームズ ヒルトンの小説「Lost horizon: 失われた地」 に出てくる 伝説の桃源郷 : シャングリラが由来 

 

・シャングリラバンクーバー:  北米初のシャングリラホテル  

ホテルグレード:  五つ星ホテル

オープンした年:  2007年

客室: 119部屋 

施設  :   レストラン: 二軒   バー: 一軒 

CHI スパ   ヘルスクラブ  

部屋の価格 300ドルから800ドル 

 

・展開しているホテルブランド

シャングリラホテル

トレーダーズホテル

ケリーホテル

ホテルジェン

 

ウェブサイト  参照

http://www.shangri-la.com/mobile/vancouver/shangrila/?WT.mc_id=SLIM_201811_GLOBAL_SEM_GOOGLE_SLV-Brand_Brand-Exact-RSA_shangrila%20vancouver_EN&ds_rl=1242836&gclid=CjwKCAjw27jnBRBuEiwAdjQXDIE_M0bdguXueRSEtxeK1zgO8VfBk4ppqTs6eoou9vAVbn4MlvLwjBoCBZkQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

 

いざ 面接を受ける

しばらく ロビーの席で座って待っていると15分ほどして、背の高いヨーロッパ系の女の人が来ました。 挨拶と簡単な自己紹介をして、エレベーターで面接会場に行きました。 英語の感じから、面接をしてくれた その人は明らかにフランス系の人でした。

 

f:id:toshihsto145:20190530104254j:image

面接会場はレストランの宴会席みたいな場所で朝10時くらいだったのでほとんど人がいませんでした。

 

部屋に通されて席に座り、コップの水を渡されて、しばらく待つよう言われて その間に記入用紙に名前や電話番号やメールアドレス

働ける曜日や時間帯 や仕事を開始できる日などを用紙に記入して待機します。

 

しばらくするとフランス人面接官のほかにもう一人 この前 電話で面接をしてくれた 中華系の女の人も来ました。その人とも軽く挨拶をしてから面接がスタートしました。二対一の面接形式でした。 2人のうち一人がメモを取ってましたが、2人からも質問を受けました。 僕が記入した用紙からも質問が来ました。

 

面接で聞かれたこと

 

面接では基本的なことをまず聞かれました。

 

・自己紹介 

・ビザの種類といつまで働けるか?

・ビザが切れた場合どうするか?

・以前の仕事について

・なぜ仕事を辞めたのか?

・ハウスキーピングの経験についての説明

・仕事内容でどんなことを主にしていたか?

・仕事の一日の流れ 始まる時間と終わる時間

・お客様にどんなサービスを提供できるか?

・ハウスキーピングをする時に心がけていたこと

・将来のビジョン やりたいこと、シャングリラで働いたら将来どうしたいのか?

・仕事が終わってから何をするか? 趣味などがあるか?

 

トリッキーな質問を聞かれる

 

さっきの質問は他のホテルの面接でも似たことを聞かれましたが、シャングリラでは少しトリッキーというか すぐには答え流のが難しい質問も受けました。

 

・ハウスキーピングで今までどんなミスをしたことがあるか?

 

・どんなクレームを受けたことがあるか? クレームが出た場合どうするか?

 

・自分がしていない別の人がしたミスをゲストから言われた場合どうするか?

 

・仕事をしていて 相性の悪い人やちゃんと働いてない人がいた場合はどうするか? 

 

・過去に同僚が仕事をサボったり、誤魔化したりしていたのを見たことがあるか? その時はどうするか?

 

できるだけ誤魔化さずに答えたいですが、この手の質問はやりづらいです。 失敗をしたり 同僚がサボっていたのを見た場合など なるべく素直に答えてから どう対処するかを見られるのだと思いますが、少し考えてすぐ答えられませんでした。

 

これらの質問は経験ありきの質問ですので、なるべく素直に答えるのがいいですが、

 

実際は自分も仕事とかでも手をうまく抜いたり、サボったり、ショートカットをしていました。 ハウスキーピングはまともに真面目にしていたらとてもじゃないけど終わりません。

海外は仕事がゆるかったから何とかなりましたが、きっと出来てないとこも多々あったのではないかと思います。

 

 もちろん雇う側も働く側が100% 真面目に仕事をしているなんて思ってないでしょう。だから誤魔化してもわかるのではないかと思います。 シャングリラホテルはかなりハイグレードなホテルなので、採用する側も慎重なのかもしれません。

 

質問タイム

面接でひと通り質問を受けたら質問タイムがあります。 今度は僕が2人にホテルの仕事について質問しました。

 

僕が聞いてわかったことは

 

・時給について 

時給はなんと25ドルでした! カナダにしてはかなり高めの時給です。 オーストラリア並みに高時給です。都会にいてもうまくいけばかなり貯金が出来そうです。

 

・スタッフミール

 

スタッフミールが出るホテル 出ないホテルがありますが、シャングリラは昼にスタッフミールが付くみたいです。

 

・ シフト

シフトは常に週5でフルタイムではなさそうです。 仕事は忙しさや仕事の出来具合で決まるみたいで、仕事が出来る人がたくさんシフトをもらえるみたいです。時給が高い分 責任も重そうですね。 シフトも変わるみたいなんで常に仕事があるとは限らない感じですね。

 

などですね。

 

 

もう1人マネージャーと面接をする

 

実は二対一で面接のあと、さらにもう1人マネージャーから面接がありました。

面接というよりは 採用された場合の仕事の説明や自己紹介やラフな話し合いなどでした。 

いつから来れるか確認や前のホテルの仕事経験など面接というより 軽い雑談みたいな感じで話しました。 その女の人はかなり感じの良い人でした。 15分ほど話してから 名刺をもらい何かあればその名刺のメールアドレスに連絡するよう言われました。

 

面接結果を待つ

 

面接が終了して、結果は1週間くらいしたら、僕のGメールに面接結果を送ると言われました。 結果は残念ながら不採用でした。 例のトリッキーな面接の質問でうまく答えれなかったからかもしれませんし、ビザの関係で長く働ける人を優先的に採用したかったのかもしれません。  わりと大きなブランドホテルで働こうと思ったらビザの関係もあり難しいかもしれません。 トロントのホテルでも面接でビザの関係があり採用されませんでしたし。

 

カナダでホテルで働きたいなら

 

カナダのホテルで働きたい場合 バンフやウィスラーなどは採用されやすい印象です。直接面接会場に行かなくても、電話やスカイプ面接をしてくれるので、かなりハードルは下がります。

 

すでにワーホリでホテルでの仕事経験があれば、都会のホテルで面接を受けて採用してもらえる可能性もあります。大きなブランドホテルはやはりビザの関係で少しハードルが高そうですが、面接を受けてみるまでは分からないですね。

都会でも中規模なホテルでは仕事がありそうです。 フルタイムの仕事がありますし、例えばヒルトンホテルみたいな大きなブランドホテルでもパートタイムだったら採用してくれるかもしれません。トロントの方がパートタイムのホテルの仕事が多い感じがします。

 

実際にメールで面接の案内が来ました。  パートタイムの仕事なら掛け持ちしないといけませんが、意外と採用してくれる場所もありそうです。

 

都会のホテルの時給はまちまちですが、何ヶ月か試用期間があってから時給が上がる場所も多かったです。時給は高い場所もいくつかありました。 今回のシャングリラホテルみたいな時給もちらほら存在します。 しかしカナダの場合は高くても18ドル19ドル 21ドルくらいがマックスみたいですね。シャングリラはかなり時給が高い部類でした。

 

Indeedで仕事探し

 

カナダにいる時 僕は基本的にはIndeedで仕事探しをします。ニュージーランドでもオーストラリアでも それぞれ仕事の求人が多いサイトがあります。 そのサイトを仕事が見つかるまで細かくチェックします。 ひたすらレジュメを送りメールや電話で面接や仕事のオファーが来るまで待ちます。 電話がかかって来た時のためになるべく電話に出やすいようにしましょう。わりと電話だけで、面接オファーをくれる場所も多いですし、電話のなかには今回のシャングリラホテルみたいな大物求人もあったりします。

 

最後に

 

今回はシャングリラバンクーバーの面接の様子について書きました。 皆さんの中でもワーホリで将来 シャングリラバンクーバーで働く人や面接を受ける人が出てくるかもしれませんし、ワーホリでホテルの仕事をするって人にも参考になるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ではまた!