とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

もとワーホリが工場の派遣会社に登録に行ったら

こんにちは、とーしばブログのトシです。先日、日○工産のス○ル派遣の面接に行ってきました。 今回は簡単な流れについてお話しします。

僕はカナダワーホリ後、1年くらい会社で働いていなかったですが問題なく登録できました。

f:id:toshihsto145:20210118162745j:image

派遣の面接の流れ

ウェブサイトにある工場派遣の仕事に応募しました。 すぐにメールが返ってきて面接する日時を指定しました。指定した時間は11時でした。

履歴書が必要だったので新しく履歴書の紙を買いました。

f:id:toshihsto145:20210118162721j:image

値段は220円で5枚入りです。二つ折りでA4の用紙、一枚の紙でA3用紙のJIS規格の履歴書です。

日本の履歴書を書くのは久しぶりで基本手書きです。場合によってはパソコンでも大丈夫だと思います。履歴書の写真は縦36mm〜40mm 横は24mm 〜30mmです。

 

派遣会社の面接へ 

f:id:toshihsto145:20210118162754j:image

11:00に予約していたので、派遣会社に11:00前に到着して担当は若い女の人でした。コロナ禍なのでマスクの着用、額にかざすスタイルの体温検査があり、簡単にあいさつをして面接をしました。

 

【用紙に記入】

履歴書を渡して、何枚か3枚くらい書類に名前と日付を書き、項目にチェックを入れていきます。

 

仕事の希望職種、場所、交代勤務、の項目にチェックを入れ、 アレルギーや持病があるか?腰や手首、足首を痛めていないか?の項目にもチェックを入れました。

 

【履歴書の内容を登録】

ここからは、持参した履歴書の内容を担当の人と一緒に登録していきました。最初にチェックした用紙をもとに契約を確認していきます。次に職歴を登録していきます。登録の手続きは担当者さんにしてもらいました。

ワーホリで海外て働いていたので英語の会社名が多かったですよね。なので派遣の担当者さんにお手数をかけてしまいました。

 

【簡単なテスト】

握力テスト、色彩検査、紙にランダムに1〜46までの数を見つけていくテストをしました。

 

【服のサイズを登録】

ユニフォームとズボンは支給されるみたいでサイズ登録、身長と体重、ウエスト、視力、を登録しました。 

 

仕事紹介で分かったこと

一通りプロフィールを登録して、ここから仕事紹介になります。職歴の登録の流れはハローワークでも一緒でした。

僕はスバル1800円の派遣を希望していたのですが、僕の地元にある工場も紹介されました。

どの自動車工場もそうですが、派遣の担当者さんも自動車工場は体力が必要でキツい仕事だと言ってました。

なおス○ルの工場はどの工場になるかはランダムらしいです。大泉を希望していたのですが、矢島になる可能性もあるとのことでした。

派遣は期間工の寮ではなくレオパレスなどの借り上げアパートになります。家賃は5万〜6万と光熱費がかかります。 やはり派遣だと部屋の備品は全てレンタル料がかかるみたいです。。

 

通勤時間は自転車で15分〜30分ほど家の場所はランダムらしいです。職場から近く自分で通勤できるのはメリットだと思います。  

しかし時給1800円で月40万だとめちゃくちゃ稼げそうですが、保険料や税金、家賃、光熱費、食費など、いろいろ引かれて貯金は良くて、25万〜20万に落ち着きそうです。

正直あまり期間工と変わりありませんね。 一人暮らしができるかどうかの違いくらいだと思います。

 

そして何より期間工や工場派遣はランダム要素が多いと感じました。

 

なので派遣で働く自動車工場の仕事は、一人暮らしで働くのと変わりないなと思いました。

それでも期間工の寮暮らしより自由度が高く、集団生活でのストレスは無さそうですね。

給料については、期間工の方がお金がかからないので節約できそうです。

場合によったら派遣はあまり貯金できないということもありそうです。かなり個人によりそうですね。

 

仕事のブランクについて、ワーホリの経歴について

仕事のブランクについても、僕はメルカリをやったり、家事を手伝ったり、父親の仕事を手伝ったりしていたのですが、そのまま伝えても問題無かったです。

変なことを言われたり、嫌味を言われるということも全くありませんでした。

 

履歴書は、担当者さんに登録内容を確認してもらいながらパソコン上に登録しました。

ワーホリの経歴についても、担当者さんが上手く文章化して登録してくれたのでワーホリ帰国後でも問題無さそうです。

ワーホリ帰国者の場合は、、[海外渡航の資金を貯めるため]という動機でいいと思います。

 

最後に

 

やはりネット上の求人より、実際に派遣で話を聞いた方が詳細について教えてくれました。キャンペーンでQuoカード2000円分もいただきました。何か必要なものを購入するのに使おうと思います。

 

応募については、ある程度、仕事の候補が決まったら応募してみるといいかなと思います。

僕の場合はスバル派遣の詳細について聞いてみたかったので派遣登録に行きました。今回でやっと応募するところまで行けましたね。

 

帰国してから、しばらくはカナダワーホリでメンタルをやられていたので、ようやく少し前進できました。

何もしていないと、すぐ3年くらい何もせずに経つっていう動画を見たり、このまま何もせずにワーホリ期限の30歳が来るのはマズイよなっていう気持ちもありました。

あとは何とかなるだろうと思えたのも大きかったです。一度動き出したら、流れに身を任せれれば仕事復帰もできそうです。

 

今後どうなるかは分かりませんが、いくつか仕事の候補と見比べて検討する予定です。