とーしばブログ

こんにちは、とーしばブログのとしです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でのワーホリの体験談、フィリピン、マレーシアでの留学経験。読書や勉強で得た知識や考えやニュージーランドでの投資についてブログで発信しています。

デンソーでウェブ面接を受ける流れ

こんにちは、とーしばブログのトシです。

デンソーのウェブ面接を受けたのでウェブ面接の流れについて解説します。

ワーホリでは過去に何回かウェブ面接や電話面接を受けてきましたが、日本でウェブ面接をうけるのは今回が初めてでした。

デンソーの他にトヨタもウェブ面接を実施しています。 これからウェブ面接を受けるという方は参考にしてみてください。

f:id:toshihsto145:20210123080931j:image

 

デンソーに応募してウェブ面接を予約

まずデンソーのウェブサイトで面接日を予約します。 デンソー期間工とは違い直接デンソーのウェブで応募します。

 

注意点として

  • デンソーは募集した瞬間すぐに面接予約が埋まるので求人が出たら、すぐ応募しましょう。

 

愛知、岐阜、三重県、静岡の東海4県は直接、面接になってます。この東海4県には面接会場があるみたいですね。

そして、他の県はZoomによるウェブ面接になります。沖縄の人は職業安定所の紹介状が必要らしいです。

 

ウェブ面接の準備

f:id:toshihsto145:20210123080948j:image

ウェブ面接に申し込んだら、確認のメールが送られてきます。確認メールではウェブ面接の手順が説明されています。

 

準備するもの

  • 履歴書 (A3二つ折り用紙、片面A4のJIS規格のものがオススメです。)
  • Zoomのアプリ
  • パソコンなどZoom面接ができるもの
  • 本人確認書類(パスポートや保険証、免許証など)
  • マイク付きイヤホン(Airpods など)

 

 

[Zoomアプリ]

‎「ZOOM Cloud Meetings」をApp Storeで

 

 

デンソーに履歴書を送る

 

応募の確認メールと面接の流れの案内がメールで送られてきます。

履歴書の写真を撮りPDFでデータ化にしたものを送られてきたURLにアップします。

 

履歴書は3日前の20:00までに送信を完了するようにします。忘れずに本人確認書類も添付しておきます。

 

僕の場合は、、たまたまデンソーの面接日に空きが出来たので滑り込みで応募したところ、履歴書はURLからのアップではなくて直接デンソーの人事部にメールで送る形式でした。

ギリギリで応募した人はそういうケースがあるかもしれません。

 

PDFとは?

 

ここでPDFについて解説。PDFはデータをパソコン上で見れるように変換するアプリです。

↓僕はこのPDFエキスパートを使っています。

‎「PDF Expert - PDF編集、変換、書き込み」をApp Storeで

履歴書の写真をこのアプリでPDFデータに変換できます。

 

面接当日

 

僕は面接を自宅で受けることにしました。面接の40分前からスーツを着て、ウェブ面接のためにカメラ位置の確認をしたりしました。 わざわざ面接会場に行く必要が無いのは本当に楽です。

 

ウェブ面接を受ける環境として、

  • WiFi が安定した場所
  • 静かな場所

とくに誰かに面接の内容を聞かれないような、プライベートが保たれた場所を選ぶようにします。 なのでWiFi があってもカフェなどはNGということですね。

 

面接を受ける服装

 

ウェブ面接であってもスーツを着用しました。 たまにウェブ面接で上だけスーツ姿で、下は私服という人がいますが、、

場合によっては、立ち上がって上下スーツを着ているか確認されるということを聞いたことがあるので、自宅とはいえ上下スーツをきちんと着用しましょう。

しかし、スーツでなくてもカジュアル過ぎなければ私服でもOKだと思います。ここからへんは面接を受ける前に確認してみてください。

 

 

いざウェブ面接へ

 

そして、いよいよウェブ面接をZoomで受けます。スーツを着用して顔が見えるようにパソコンを配置します。僕の場合はiPad mini 5を使いました。

待遇や仕事内容、今後の流れなどをメモするノートとペンも一応用意しました。

 

【前半30分は企業についての説明】

最初はデンソーの待遇や仕事内容、注意事項や面接で合格した後の流れなどの説明が30分ほどありました。

待遇などの説明についてはデンソーのサイトや期間工ブログで書かれているものとほぼ一緒でした。

 

さすが大手だけあって待遇はトヨタと並び期間工の中でもトップクラスの待遇です。

とくに労金満了金などの手当が充実しているので、学歴関係なくお金を貯めるなら期間工になった方がいいと言われているのも納得です。

 

工場内での暴力行為や企業への損害、パワハラにも厳しいみたいでコンプライアンスがしっかりしている印象でした。

入ってみるまで分かりませんが、労働環境はホワイトできっちりしてるんだろうなと思います。

 

 

【後半はウェブ面接】

それから面接に移り、履歴書の内容をもとに職歴について詳しく聞かれました。とくにタトゥーがないか?について何回も繰り返し確認がありました。

 

あとは借金や税金の滞納が無いか?についてもしっかり聞かれました。 

他にも仕事で工場の配属先と寮を選べないことに同意して、油や金属アレルギーや持病、腰痛が無いか?などの確認がありました。

 

日勤夜勤もあるが大丈夫か?ということも聞かれましたね。そして自動車会社だけあって、過去に交通事故歴や逮捕歴、交通違反がなかったかも確認されました。

面接の内容として、同意する内容と確認事項も多かったですね。 印象としては、全ての項目に同意してから正式に期間工になれると言った感じでした。

 

長所と短所についての質問は、仕事に集中してコツコツできるなど工場勤務に関係しそうなことを答えれるといいんじゃないかと思います。

短所については工場の仕事に差し支えないことを答えました。 

 

給与振込先の注意点

給与振込先の注意点として、どうやらデンソー給与振込先でゆうちょ銀行は不可みたいです。

なので、ゆうちょ銀行を使っている人は注意が必要です。

ゆうちょ銀行以外の口座を作るなら、今の時代はネット銀行なんかは便利じゃないかと思います。 そしてなんと、デンソーは給与明細を電子化しているみたいです。

 

最後に

今回はデンソーのウェブ面接の話をしましたが、日本でのウェブ面接自体は初めてで海外とは多少違う点もありました。

Zoomの使い方が不慣れでアクセスできないトラブルもありましたが、なんとか面接を無事終えることができました。

 

今回の面接で分かったのは、やはりデンソーは他の期間工とは違い[人を選んでいるのではないか?]と思いましたね。 

僕自身、工場勤務の経験があったのですが、部品や車系の工場の経験があった方が有利だと感じました。

リピーターが多いからか、過去6ヶ月以内でデンソーに勤めていたか? 知り合いの紹介で入ったのか? 希望する工場の理由、などデンソーリピーターへの質問もいくつかありました。

待遇がトヨタと同じかそれ以上に良いだけあって、デンソーリピーターが多いのかも知れません。

正社員として働きたいか?も聞かれたので、企業の正社員になる道も用意されているのかもしれませんね。

 

高卒でも大企業の一員になれる可能性があるので、今後の進路の選択肢が広がるんじゃないか?と思います。期間工から正社員の道が用意されているというのは、正直すごいことですね。

 

 

合否の通知は10日以内には届くとのことでした。合格したら封筒に入社までの必要な書類が入っているらしいので、封筒の厚みがあれば合格です。

 

また結果とその後については、また報告するつもりです。

 

ではまた