とーしばブログ

こんにちは、とーしばブログのとしです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でのワーホリの体験談、フィリピン、マレーシアでの留学経験。読書や勉強で得た知識や考えやニュージーランドでの投資についてブログで発信しています。

ワーホリや留学、英語系インフルエンサーにも怪しい人はいるのか? 

こんにちは とーしばブログのとしです。

前回の記事は、ビジネス系インフルエンサー達についてでした。

toshihsto145.hatenablog.com

f:id:toshihsto145:20210125161543j:image 

某ビジネス系インフルエンサーの炎上で、⇒自分の経歴や学歴は、パソコン上でいくらでも、合成画像を使ったり、経歴を盛ったり、華やかなキラキラした演出ができることを改めて思いましたね。

 

、、で今回思ったのですが、ワーホリや海外留学、英語系にも似たような人がいると思うんですね。いわゆる英語系の情報商材屋さんだったり、経歴が本当かどうか疑わしい人ですね。

f:id:toshihsto145:20210125163324j:image

 

ワーホリや留学、英語系にも怪しい人はいるのか?

f:id:toshihsto145:20210126004052j:image

はっきりと分からないので名指しはしませんが、ちらほら無理があるような情報を見かけます。

例えば、、

『英語力ゼロの状態』から、学費が1000万くらいする海外の有名大学と大学院を合格した!!みたいなこと書いてたりする某インフルエンサーとかですね。

 

そういう人は、かなりフォロワー数も多く影響力もあるようで、、フォローしてる留学、ワーホリ界隈の人は非常に多いです。

 

そのインフルエンサーの経歴として、とあるオーストラリアの大学院に在籍と書いてあるんですが、学費がトータルで1000万くらいかかるんですよね。。

 

その人は短期で卒業して学費が650万だったと書いていましたが、それでもハードルは高いです。 

だって650万ですよ? もしローンで返済するとしたら、長期で利子も付いてさらにえらいことになります。単純にお金の工面はどうしたんだ?って思いますよね?

もしヨーロッパの大学なら無料に近い値段で行けるので現実味はありますけど。

 

さらに欧米、豪州は生活費、とくに不動産価格の高騰で家賃がめちゃくちゃ高いので費用がさらにかかります。しかも、その後に誰もが知るアメリカの有名大学に行くと書いてあるんで、さらに1000万以上の学費とプラス生活費がかかります。

 

その人の言うことが本当なら、卒業後に借金として、高い学費と利子を支払うことになりますが、そこらへんについては触れられていません。むしろ巨額の学生ローンの対策法とかもしっかり書くべきじゃ無いでしょうか?

 

しかも、ブログの内容は主に英語の勉強法で、ブログの内容は、よく作り込まれているのですが、肝心な大学留学については、よく分からない感じでした。

大学進学や留学を目指してる人だったら現実味が無くほとんど参考にはならないなーと思いましたね。 

 

たしかに海外の有名大学卒業の経歴が、本当なら純粋にすごいと思いますが、、となると親がかなりのお金持ちだとと思いますね。 

なのでどっちみち「努力すれば必ず夢は必ず叶う」とかいうレベルの代物ではなく、素人には真似できるレベルではないかなーという印象です。 それに英語ゼロの状態から果たして、そこまで行けるのかな?と思うんですよね。

 

 

本当に英語力ゼロ渡航すると痛い目に遭う

f:id:toshihsto145:20210126004105j:image

確かに英語を勉強している人や海外に憧れている人からすれば、英語力ゼロでアメリカの超有名大学へ行くって夢のある話です。見たところ、そのインフルエンサーの方はフォロワーというか信者みたいな人がけっこういます。

 

しかし、『英語力ゼロで』というのは聞こえはいいですが、英語系インフルエンサーの言うことを鵜呑みにして英語力がゼロの状態で欧米にワーホリや留学して痛い目に遭う人は多いんじゃないかなーと思います。

 

ぶっちゃけ、ワーホリや留学に『全くの英語力ゼロの状態』で来ちゃうとけっこう厳しいんですよね。

 

そもそも語学学校って、要は【日本の中学、高校の英語の授業でやった内容】を英語で受けるんですよね。

そもそも、先生が英語で行う授業の内容が分からないと授業について行くのが大変です。

しかも、物価が高い国が多いので、英語力がゼロだと勉強にものすごいコストと時間がかかります。

 

下手すると無駄に高い費用を払うだけで、同じクラスの日本人生徒と仲良くなっただけで英語力ゼロのまま留学終了。ここらの辺の海外留学、ワーホリで英語が上達しないのリアルは他の記事にまとめています。

toshihsto145.hatenablog.com

 

だから『英語力ゼロでもやる気があれば大丈夫!!』という言葉を鵜呑みにするのは危険ですし、海外経験者からしたら『この人、デタラメ言ってるなー』とすぐ分かります。

結論、渡航前にある程度は英語力があるに越したことは無いんですね。

 

英語力ゼロのワーホリを見てきた経験からすると、、

f:id:toshihsto145:20210126231119j:image

実際にワーホリでも、英語が喋れない状態で来て、ジャパレスで働いて、日本人と韓国人のシェアハウスに住んで、高い語学学校に行ったのに、1年で英語力がほとんど伸びなかったという人を見てきました。下手すると10年海外にいるのに英語力が完全に止まったままの人もいますし、見たことがあります。

toshihsto145.hatenablog.com

 

だから、英語力ゼロで留学して成功した!!ってやたら強調しているのを見ると上手いこと言ってるなーって思います。

そういう素人目から見ると分かりにくい留学系、英語系の上手い話や成功体験談は、ちらほら見かけますね。

今回、取り上げた留学系インフルエンサーの方はブログを見た感じだと、海外の大学に行くことが目的と言うよりは、『英語教材の商材屋』じゃないか?と思うんですよね。

アカウントにある、「DMしてください」って言うのは明らかに誘導だと思いますね。

 

アメリカの大学は負担がかなり大きい

f:id:toshihsto145:20210125171427j:image

例えばアメリカの大学だと、いくら英語が流暢に喋れても学費の問題でつまずきます。

アメリカ人ですら卒業後に学費の返済に追われて苦労する人が多いのに、外国人である自分達が気軽にアメリカや海外の大学や院に行くのは、けっこうハードルが高いです。

山本美香さんという戦場ジャーナリストの方の本では、大学の学費を稼ぐためにアフガニスタンイラクに駐留するアメリカ軍に入隊した若者の話が出てきます。

f:id:toshihsto145:20210125172340j:image

アメリカ人の若者の中には、アメリカ軍に入隊して奨学金を免除してもらう人がいるのは本当みたいで、バンフのホステルで出会ったニューヨーク出身の男性ともそういう話をしましたね。

 

若者の莫大な学費負担はアメリカでも社会問題になっていて、大学の学費というのは思ってる以上に高いんですよね。

アメリカ大統領選挙バーニーサンダース氏が若者の学費の負担削減についての案を公約として掲げていましたが、それだけアメリカ人の若者にとっても大きな問題なんです。

なのでアメリカの全ての大学では無いにしても、有名な私立大学留学するのはハードルが高いんじゃないかなと思います。

 

英語系インフルエンサーの甘言

そういう有名なインフルエンサーには一定数の信者と呼ばれる人がいるんですが、英語系インフルエンサーツイッターのコメント欄を見てもガチ勢多いなーという印象です。

でも、その人のブログでの情報は、「本当に留学に行ってたの?」って内容を見かけたので信頼に値するか怪しいです。

 

最近分かったのですが、フォロワー数が多いとか、有名なインフルエンサーにフォローされてるからといって信用できるとは限らないと思いました。それにイケメンだとかいい人そうだから信頼できるとも限りません。

それにフォローしてる有名人も裏ではブラックなことをしてたり、グルになってたりするので誰が怪しいか判断するのは難しいなと思います。

 

そして、ビジネス系インフルエンサーもそうですが、炎上したり、問題や不正が露呈しても信者化してる人の目は醒めないんだろうなって思いました。

そのインフルエンサーに対して、疑問や疑いがあるというようなことを言うと、すぐアンチ扱いされたり[夢を壊す人][足を引っ張る人]として扱われます。

 

僕はワーホリや留学を否定したいのではなく、怪しい留学系インフルエンサーが甘いことや夢を見させることを言って、いざ留学に行ってみたら全然話が違うってトラブルもよく起こるんだろうなーと思ったんですね。

みなさんは怪しいインフルエンサーの現実味のないポジショントークに惑わされないようにしましょう。

 

新社会人や大学生が一番狙われやすくて、留学して英語ペラペラになって、海外で働いたり、外資系で働くことに憧れる若者を狙うインフルエンサーもいるんじゃないか?と思います。

 

パッと見はものすごいフォロワーがいて、アメリカやオーストラリアなどの大学を卒業しててMBAも取ってるなど、ものすごい学歴、経歴の人もいますけど。 実際には「語学留学すらしたことなかった」って人もいると思いますね。

そういう人が発信する内容って、海外経験者なら違和感を感じて見破れそうですが、これから行くって人には見分けるのは難しそうです。

 

なぜツイッターで経歴を盛るのか?

f:id:toshihsto145:20210126004135j:image

どの界隈にもフォロワーを増やそうとか、目立とうとして、経歴を盛ったり、過剰に演出したり、自作自演したり、詐称したりする人はいるんじゃないかと思うんですよね。

 

その人達を名指しで、どうこう言うつもりはありませんが、やっぱり客観的に見ると努力と夢だけでは、キツいんじゃないかなと思うんです。

その人もフォロワーがめちゃくちゃ多いんですが、ワーホリや留学を経験した身からすると、この人の書く内容について、ところどころ、あれ?ってなります。

 

ネットで情報を探しやすくなった反面、怪しいインフルエンサーのキラキラした情報に惑わされる人も多くなる気がするんですよね。今はネットで情報がいくらでも手に入るんで、逆に危ないんですよね。

素人目じゃ案外、正しいか違うのか分かりにくいし、そういう怪しい人に限って、YouTubeで喋りが上手くて、ブログの作り方もめちゃくちゃ上手で説得力があるんですよね。

 

やっぱり、どの界隈にも、口で上手いこと言って、フォロワーを増やそうとか、情報商材を売ろうとする人はいるのかな?と思いました。

自分の場合は、結果がすぐに出なくても地道に誠心誠意、本当に役立つ情報を発信していきたいですね。