とーしばブログ

こんにちは、とーしばブログのとしです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でのワーホリの体験談、フィリピン、マレーシアでの留学経験。読書や勉強で得た知識や考えやニュージーランドでの投資についてブログで発信しています。

本当にオーストラリアの銀行の普通預金の利率は高いのか?【オーストラリアワーホリ】

f:id:toshihsto145:20210720211746j:image

こんにちは、とーしばブログのとしです。今回はnabの普通預金の利子はどれくらいか?です。

 

ASBの投資ファンドについては、何回かブログにしていたのですが、オーストラリアのNabについてはあまり記事にはしていませんでした。

 

現在、僕は1500オーストラリアドル(2021年7月のレートで12万円ほど)をNabに預けているのですが、正直なところ大した利子は付きません。

 

よく「オーストラリアの銀行の普通預金の利子がすごい!!」 みたいなブログを記事を見ますが、あくまで普通預金であって、投資ファンドではないので利子もそこまで付きません。 

 

f:id:toshihsto145:20210720212502j:image

 

これが僕のSaving Accountに付いている利子ですが、

なんと毎月0.06 ドルです。

どうですか?ネットで言われているほどには高くないでしょう? これはASBでも同じです。同じく利子が毎月0. 0単位です。

 

もちろん、預けている額が大きければ多くなりますが、ワーホリで預ける額ってMAXでも1万ドル、2万ドルくらいでしょう。それでも0.単位です。

 

ワーホリのほとんどの人が、そこまで大きなが額を預けるわけではないので、そこまで大きな期待は出来なさそうです。あくまで、「ちょっとだけ利子が付く」くらいの感覚でいいと思います。

 

 

最近の日本の風潮でも、「ネット銀行の普通預金金利が高い!!」みたいなアピールをする記事とかYouTubeとかブログもありますが、あくまで銀行の口座開設のためのセールストークでしょう。

 

他にも、「日本の銀行は超低金利だ!!」みたいに不安を煽るような意見も聞きますが、普通預金の利子なんておまけみたいなものです。運用したいなら、やはり投資ファンドの方が良さそうですね。

 

ASBの銀行で問い合わせて見たことがあるのですが、投資ファンドは、「一定期間お金を預けて引き出すことが出来ないからこそ、投資などを運用して高い利子が付く」って教えてもらいました。

 

よく考えたらそうですよね? 利子ってお金を運用するからこそ付くものであって、しょっちゅう預けている金額が変わっていたら、運用する銀行側は運用なんてできないです。

 

最後に

 

今回は、オーストラリアの金利は高いのか?という疑問に答えていきました。何かの参考になればと思います。

toshihsto145.hatenablog.com

 

 

toshihsto145.hatenablog.com