とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

日本人の給与水準と年功序列、転職について考える

こんにちは、とーしばブログのとしです。

今回は日本人の給与平均と給与が安い理由について考えてみます。今回の話は、あくまで僕の考察なので話半分で聞いてみてください。

 

日本の給与水準は?

 

基本的には、日本の給料は勤続年数が長ければ長いほど、上がっていく仕組みになっています。

他にも高卒か?大卒か?院卒か?によっても給料の違いがあったり、残業や夜勤などで変わるものの、

だいたい総支給、手取りが月々、15万〜20、25万くらいでは無いでしょうか? ほとんどの場合、成果を出しても給与が大きく上がることはありません。アルバイトになると更に給料は低くなります。

 

そして資格を取っても、微々たる手当が出る程度のところも多いです。他にも大企業か?中小企業家か?によっても給与水準は違います。

 

⇒ト○タが年功序列を廃止するということを発表して話題になりましたが、それでもしばらくは年齢や勤続年数で給料が上がっていく仕組みは変わらないでしょう。

年功序列を廃止するということは、言い換えれば今後、仕事を続けても給料が上がっていく可能性が低くなるということでもあります。

 

なぜ上役やベテラン社員の給与は高いのか?

 

では上役やベテラン社員の給与はなぜ高いのか? それは会社で働く社員の労働で生み出した利益が、ベテラン社員や上役の給与を支えているからです。 

 

みなさんは、自分より働いていない幹部や上役、ベテラン社員の方が2倍、3倍働いている自分たちより給料が高いことに疑問を持ったことはないでしょうか?

↓前に こんなブログを書きました。従兄弟がト○タのディーラーに勤めているとのですが、その時に聞いた話を元にしています。

toshihsto145.hatenablog.com

 

この記事での内容をまとめると、、

  • 役員や勤続年数が長くなればなるほど、給料はいい
  • 上役になれば働いてなくても会社に席があるだけで給料がもらえる。
  • 一度役員になれば、定年退職どころか死ぬまで給料がもらえる。
  • 若い世代の人が働けば働くほど、上の人たちの待遇が維持されるという構造。
  • 上の世代の役員や取締役を支えるため、20代30代40代の人達は給料が上がらない。そもそも頑張っても上がる仕組みにはなっていない。
  • 実力より、あくまで年功序列で長く勤めていたの人が有利。
  • 年金も税金も給料も下の世代が上の世代を支えると言う仕組み。

 

このように若い世代の社員が働いて、労働で得た利益が長年勤めてる社員の給料を支える仕組みになっています。

 

なのでどんなに頑張っても、仕事の資格を取っても基本には勤続年数が長く、重役ポストにつけなけば、給与水準は15万〜20、25万、良くても30万程度が限界ということになります。

あくまで、自分たちが必死に働いて出した労働の利益は会社のものであり、それをどう分配するかは企業の判断です。

しかも、大企業になれば将来、昇給して高い給料をもらえる可能性は高いですが、中小企業だと昇給すら怪しい場所もあります。

中小企業の多くは、結果的に大企業の下請けとして、大企業を支える構造になっているからです。(もちろん全ての企業ではなく例外はあります。)

 

税金はつまり現代版の年貢、年金は今の高齢者を支える仕組み

 

そして会社の給料の中から毎月、税金と年金が引かれます。

税金は建前上は、国民の生活のために使われるものですが、実際には江戸時代のような年貢に近いと思います。

税金(年貢)を払うことで、お上(政治家)を支えるシステムが税金です。

 

よくテレビを観ていると、国は巨額の赤字国債を発行していて莫大な借金があるから、国民の税金を上げているという話が出ています。しかし、結局税金(年貢)を上げるのはお上(政治家)のためだと思います。

年金も同様に高齢者を支えるシステムといっていいでしょう。(しかし、もらえる額が減ったり一番しわ寄せが来るのが年金です。今後は、さらに貰える額が少なっています。)

しかし、年金はどんどん削られているというのが現実です。

若い世代の給料が安い理由として、政府の役人や高齢者を支えるシステムがあるからとも言えます

 

年収1000万の男は存在するのか?

 

1つの会社に長年勤めて出世しないと給料が上がらない日本のシステムを考えると、、

勤続年数の少ない20代、30代のうちから1千万以上の高収入を得る人がいるのか?疑問です。外資系や一部の例外を除けば、年収1千万には届かないことがほとんどだと思います。

toshihsto145.hatenablog.com

 

もちろん、起業して成功した人や親がもともと裕福だったり、資産を築いたような人は別です。

 

もはや、結婚相手は年収1千万の男性が理想という女性は、ネット上のネタなのか?テレビドラマや漫画の世界を信じすぎているのか? 本当に世の中の現実を理解していない人なのかもしれません。

 

逆にパパ活などで、若い女性が港区女子を自称して、都内に住む高収入の40代、50代、60代くらいの男性をターゲットにするのは、日本の給与システムを考えると納得です。

 

転職をするか?長く勤めるか?

 

よく仕事を転職するか?、ずっと同じ会社にいるか?について考える人が多いですが、

大企業であればあるほど、長く1つの会社で働いていた方が給料は高くなる可能性が高いです。

 

先ほども述べたように、入社して当初は給料が少なくても、何十年も長く働いていると、そのうち自分より年数が浅い社員が働いてくれて利益を出してくれるからです。

 

よくあまり働いていないベテラン社員や上司の方が給料が高かったりしますが、理由としては若い世代が働いて、上の人を支えるという仕組みになっているからです。

 

支えられる側のでベテラン社員になってしまえば、自分たちを支える人が増えてくるので給料は高くなっていきます。代わりに勤続30年、40年、など長く1つの会社に勤めていなければなりません。

転職する自由をとるか?日々のストレスや環境が変わらないことに耐えて将来の給料を取るか?です。

 

⇒しかし年功序列を廃止するというト○タの発言で、今後はベテラン社員でもどんどんリストラされたり、勤続年数が長くても給料が上がらなかったりする可能性は大きいです。

やはり、頑張って働いている今の若い世代が一番割を食う可能性が高いですね。

 

転職を繰り返すと給料はずっと変わらない

転職を繰り返せば繰り返すほど、給料の幅は、15万、20万、25万と大きく変わることはないでしょう。

転職は良い面もありますが、給料が上がらないと言う負の側面もあります。もちろん転職してキャリアアップする求人もあると思いますが、すぐにガラッと変わることはないと思います。日本企業で働く場合は、それらを踏まえた上で転職を考えた方が良いでしょう。

もしかしたら今後は転職をすることで給料がアップする傾向になるかもしれませんが、それも分かりませんね。

 

それに、長く勤めるにしても、働く割に給料が貰えなかったり、上司や先輩など、人間関係のストレスで多くの人は、途中で仕事を辞めて続かなかったりすることも多いです。

 

そう考えると年収1千万というのは、最終的に運良く役職が付けば、それくらいもらえるということなのでしょう。

 

インスタグラムのとある投稿で、年収ランキングという記事がありました。

年収1千万以上の企業があったりしましたが、長く会社に勤めて、最終的には年収が1千万以上になると言う意味だと思います。

しかし、今後働く人の多くは、どっちみち転職しても長く勤めても給料水準が15万〜20、25万前後くらいで収まる人が大半だと考えています。

 

世の中はピラミッド状になっている

 

世の中は、分からないように階級化してピラミッド状になっていると考えています。大昔から変わらない下の人上の人を支えるという仕組みです。

日本でも、下の人たちの労働の成果や利益が、国の政治家や企業の上役を支えている構造になっているのではないか?と、ト○タのディーラーに勤めている従兄弟の話から思いました。

 

 

【ハローワーク2回目の感想】担当スタッフによって対応が違う?ハローワーク求人の探し方

こんにちは、とーしばブログのとしです。

前回ハローワークに登録に行き、2回目にハローワークに行きました。その時の様子についてお伝えしたいと思います。

 

toshihsto145.hatenablog.com

 

前回行った時は、運良く海外経験があるスタッフの方と話をした。かなりカジュアルに話をして相談ができましたが今回は、受付の人が違ったので対応がまた違いました。

 

よくハローワークの求人は良くないとかスタッフが良くなかったなとの口コミをネットで見ますが、担当のスタッフによってかなり違いが出てきます。

 

ハローワークの受け付けに行く

 

ハローワークで登録が済んだらハローワーク受付票がもらえます。

 

受付でそのハローワークの受付票を提出して仕事を探しに来たと言う用件を伝えれば、係りの人が受け付け札を渡してくれるので、番号が呼ばれるまでハローワークの待合室にあるソファーで待っていました。

待っている間、何人かが同じように仕事を探してる人が来ました。平日でも割と人が多くいました。年齢層はバラバラでいろんな年代の人がいました。若い人もいれば中年の人たちもいました。

壁にはポリテクなど職業訓練の募集の紙、ハローワークでのイベントについて書いてある紙など張り紙がありました。

 

2回目のスタッフの対応

前回、来た時と同じように仕事を探していることを担当のスタッフに伝えました。担当してくれた女性は前とは違う人でした。

具体的にどんな仕事が決まっていたので、探している地域と仕事の業種を伝えました。

ハローワークはネットでも求人を探せるのである程度、自分が働きたい地域や職種を絞っておくとスムーズです。

 

2回目に担当してもらった女性スタッフは1回目ときよりも、もっと事務的業務的でした。

 

前回はかなり打ち解けた感じで、海外の話や留学の話などフラットに話ができたのですが、今回は求人を探す以外の質問はあまり答えてくれませんでした。

 

例えば、その会社の仕事のやりやすさや離職率、内部事情等は教えてもらえませんでした。どうやら求人に載っていること以外は分からないらしいです。

 

ハローワークでの対応は、スタッフになってかなり違います。もちろん相手も人間なので人によって対応のやり方に違いがあるのは当然と言えば当然ですね。

これは派遣に登録に行った時もそうですが、対応の仕方はスタッフよって違います。

 

求人を探すだけならネットでも可能

 

ハローワークの求人はネットでも求人を探せるので、求人を探すのを必ずしもハローワークに行って探す必要は無いかなぁと思います。

ハローワークに仕事を探すに行くメリットとして、求人の一覧表をスタッフが印刷してくれるということです。

 

ハローワークでは自分の希望に合う求人をパソコンで探してもらい印刷してもらいました。

ハローワークのスタッフの仕事は、求人票を印刷して、やりたい仕事に応募するまでの手伝いと言う感じです。

 

ネット上で求人を探していると、一つ一つの求人しか見れませんが、ハローワークに行けば自分の希望している条件に合った求人をまとめて見ることができます。

 

紙に印刷してくれるので求人を見比べたり比較しやすく、仕事の求人をある程度絞りやすくなる点がいいかなと思いました。

 

ハローワークの求人について

 

ネット上ではハローワークの仕事はあまり良いイメージは無いですが、ざっと求人に目を通したところ良くも悪くも普通の一般的な求人が載っています。

 

すごく劣悪で悪質な求人があるわけでもなく、かといって求人の高収入で超ホワイト企業みたいな求人ではなく、一般的な職種の仕事が載っています。

僕も以前はハローワークの求人はよくないと言うイメージがありましたが、今回、ハローワークに行ってみてイメージが変わりました。

 

仕事に受かりやすい年齢

 

仕事に正社員で受かりやすい年齢なども聞いてみたのですが、それも今回担当してもらったスタッフからは、あまり大した返事はもらえませんでした。 

それに転職のしやすい年齢も仕事の業種や経験などで違うらしいです。

求人の中には、応募資格が35歳以下とか、18歳〜60歳など幅広く決められたものも多くありました。

 

年齢が30を過ぎたら厳しくなるというのも求人や職種、応募する人によっても違うらしいので、人によって違うというのが本当のところです。

 

 

 

 

大学は必要?という議論 大卒を資格として考えると分かりやすくなる

こんにちは とーしばブログのとしです。

今回は学歴についての話をしたいと思います。よく学歴は必要ないとか、学歴は大切とかいう議論がありますが、

⇒大卒という学歴は資格のようなものだと考えると分かりやすいと思います。

 

僕の意見ですが、大学は勉強するところというよりかは、大卒という名の資格を取る場所という方がしっくりきます。

 

僕も以前ブログでも、勉強するだけなら自分でできるし、4年間の時間と数百万というお金をかけていくべき場所じゃないと思っていましたが、企業に入社しやすくするための資格と考えると大学を卒業するのは大切だなと思いました。

 

よくYouTubeとかでインフルエンサーが大学は卒業しても意味がないといいますが、やはり高卒より大卒の方が就職には有利です。

 

世の中の人には、僕も含めて高卒までしか卒業していない人も大勢いるので、そういう人達にとっては、大卒は無駄というセリフは、心に刺さる言葉なのですが、あくまで大卒の人達が言ってる意見も多いのでポジショントークだと思っていいでしょう。

 

やはり綺麗事を言っても世の中、大卒という資格を持っているか、いないかで就職できる求人の枠にも明らかに違いがあります。

 

 

〈大学は無駄〉は半分は嘘

 

最近よく言われる大学には行く必要がないという言葉ですが、自分で起業したりフリーランスでやっていく分には、資格としての大卒はいらないかなと思います。

もちろん成功して高収入になればいいですが、下手をすると会社にいるより低所得になる可能性はあります。こういう負の側面はあまり言われません。

 

なので、大多数の人はどこかしらの会社で働きますし、自分で会社を起業したりフリーランスでやっていける人は多くはないと思います。

 

大卒という資格を持ってるかどうかで就職できる仕事の枠が違うんですから、大学はたとえFランと言われる大学でも卒業しておいた方がいいのかなと思います。

 

たしかに大学を卒業して社会人になってからは、どの大学を卒業したかを気にする人はいませんし、実力と卒業した大学は違うと言いますが、大卒と高卒では明らかに就職の幅が違うんですね。

 

(もちろん大学の中でも東京にある一流大学を卒業していれば、さらに就職の幅が広がりますし、地方の大学だと大卒でも就職が難しい企業もあると思います。)

 

勉強だけなら自分でできるものの、、

 

大学に限らず資格の勉強も勉強だけなら誰でもできます。例えば、一級建築士司法書士など勉強だけなら個人で出来ますし、知識は自分でやった分だけ身につきます。

しかし問題は試験に合格して正式に資格として持っているかいないか?です。

 

大学も同じで勉強だけなら誰でもできますが、肝心なところは大学を卒業しているか?いないか?です。 資格の勉強をしたのに合格はしていないという状態では、どこの企業も雇ってくれません。それと同じで知識ばかりあっても大卒という肝心な資格を持っていないとやはり不利になります。

 

大学へ行く意味のとらえ方で意見は変わってくる

 

大学を勉強する場所か? 資格として大卒を取得する場所か?で考えると大学は必要なのかという意見は変わってきます。

よくビジネス系インフルエンサーYouTubeなどで話すのが、勉強する場所としての大学です。何よりここに注意した方がいいでしょう。

もちろん勉強する場所としてならわざわざ高い学費を払わなくても、その気になれば勉強できます。

 

ビジネス系インフルエンサー多くが大学を勉強する場所として意見を言っており、学費が高くてほとんど勉強していないから無駄。と答える人が多いですね。そこに多くの人が勘違いをさせられているのですが、

 

大学は、大卒という資格としての役割の方が大きいんですね。だからまともに大学は無駄ととらえてしまうと、かえって自分の選択の幅を狭めてしまうので注意が必要です。

 

大学は学費が高いだけに下手に何も考えずに奨学金(借金)を抱えてしまうと痛い目に遭うかもしれませんが、無理のない範囲で大学は卒業すべきというのが僕の意見です。

 

一流大学は希少性があるから価値がある

 

そして、先ほどは高卒と大卒の違いを話ましたが、 

大学の中でも一流大学とその他の大学と何が違うかと言えば、一流大学は権威性希少性の違いだと思います。

 

たしかに最近ではMoocs やオンラインの無料授業で、誰でも一流大学の講義を聴いて勉強できる時代になっていますが、だからといって誰にでもやたらと卒業証書をもらえるかは全く別問題です。

 

勉強は誰でもその気になればできますが、希少性と大卒の価値を保つということから考えると一流大学は誰でも卒業できるわけではありません。

 

お金(お札)を例にすると分かりやすいと思いますが、お札が大量に発行されるとインフレーションが起こってお札一枚一枚の価値は下がります。

それと同じで、世の中に一流大学卒業者が増えすぎると、その卒業証書の一つ一つの価値が下がってきます。

 

だから勉強はたしかに平等でも、資格という面から見たら、一流大卒とそれ以外とは明らかに差があるんですね。

 

世の中によくある、大学を勉強する場所という議論から離れて、資格と考えてみると、今まで分かりにくかった部分がいろいろとクリアになってくるんじゃないでしょうか?

 

だから、事務職や特定の仕事など大卒資格が必要な職種を考えている人は大学に行くことを考えた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

楽天ポケットWiFiを1ヶ月使ってみた感想 「新生活が捗る逸品」

こんにちは とーしばブログのとしです。

今回は、楽天ポケットWiFiを1ヶ月使ってみたレビューです。

#新生活が捗る逸品」というテーマから見ても今回紹介するポケットwifiはかなりオススメです。

f:id:toshihsto145:20210330215502j:image

 

楽天WiFi ポケットを申し込む

2月頃に申し込みをして1年無料プランを使っています。

結論から言うと、下手に他のネット会社のポケットWiFi を使うよりも楽天ポケットWiFi の方がオススメです。

 

ウェブで申し込みをしてから4日ほどでポケットWiFi が送られて来ました。

f:id:toshihsto145:20210331152557j:image

同封されていたのは、ポケットwifiSIMカード、充電器、バッテリー、説明書等でした。

f:id:toshihsto145:20210330215458j:image


f:id:toshihsto145:20210330215929j:image

 

楽天WiFi ポケットは1年無料、機種代も無料

 

調べてみたところ、他の会社のポケットWiFi だと機種代だけでも8000円くらいします。それがタダでWiFi 使い放題が最初の1年はタダなんで、いかに楽天ポケットWiFi がすごいかですね。値段やクオリティを考えても他を圧倒しています。

(あまり良いことではありませんが、なかには無料のポケットwifi機器をメルカリで4、5千円で転売してる猛者もいました)

楽天エリアは徐々に増えているみたいなので、ネットの接続については心配なさそうです。僕の住んでる場所でも問題なく使えました。よっぽどの田舎出ない限り、地方でも問題なく使えます。

 

楽天エリア外はパートナー回線を利用

 

県北にある祖母の家に滞在した時も、問題なく使えました。田舎の場合は楽天モバイルの回線ではなく、パートナーエリアの回線を使うことになります。こちらは無制限データ使い放題ではなく、制限があるみたいですね。

f:id:toshihsto145:20210331153402j:image

 

f:id:toshihsto145:20210331153407j:image

楽天エリアではなく、パートナーエリアでデータを使いきったらデートをチャージします。

【楽天】ログイン

しかし容量がオーバーした後も問題なくネットフリックスの動画が観れたので、問題ないのかも知れません。

 

楽天モバイルの注意点

 

僕が楽天モバイルを使ってみた注意点としては、手続きや何か分からないことがある場合は、ネットで調べたりできる人向けだと思います。

 

少し前に楽天WiFi ポケットのアップデートがありました。

 

toshihsto145.hatenablog.com

 

 

ポケットWiFi のアップデートなんて初めてだったので、やり方が分からなくて楽天モバイルの店舗に行きました。そうしたら店舗ではなくコールセンターで聞くように言われたんですよね。

 

つまり、ネット代が格安なだけに対応の大半は、コールセンターで受け付けてるのかも知れないですね。Googleマップの口コミで楽天モバイルの店舗の評価を調べたら案の定、対応をしてくれなかったという口コミが多かったです。

 

なので楽天モバイルは安い分だけ、分からないことがあれば自分で電話で問い合わせたり、ネットて調べたりできる人向けだと思います。

 

店舗で対応してくれなかったりするあたりを見ても、ある程度自分で解決できる人にはいいですが、そうじゃない人にはちょっと厳しいのかなと思いましたね。

 

なので、自分で調べたりコールセンターに問い合わせるのが苦手だと言う人は、少し高くても大手キャリアを活用するというのはアリだと思います。

 

大手は格安シム会社よりもネット代が高いですが、店舗のサポートが必要って人にはオススメだと思いますね。

 

楽天WiFiポケットをアップデートする方法を解説

こんにちは、とーしばブログのとしです。

今回は楽天WiFi ポケットのアップデート方法について解説します。ポケットwifiのアップデートの手順は簡単なのですが、今までポケットWiFi のアップデートなんてしたことなかったので、最初は迷いました。

f:id:toshihsto145:20210331160100j:image

やり方は簡単なので分かったらすぐ出来ます。注意点としては、ネット上には192.168.0.1にアクセスと書いていますが、正しくは、このURL からログインします→ http://192.168.0.1/index.html

間違えやすいので注意が必要です。

 

 

  • ステップ1 

手持ちの楽天ポケットWiFiスマホまたはパソコン、タブレットなどに接続

f:id:toshihsto145:20210331155229j:image

 

  • ステップ2

http://192.168.0.1/index.html 経由で楽天WiFiポケットのWiFi にアクセス

f:id:toshihsto145:20210331154419j:image

 

  • ステップ3

ユーザー名とパスワードにadmin と入力

f:id:toshihsto145:20210331154432j:image

 

  • ステップ4

新しいバージョンが見つかりました。更新しますか?と表示されるので、Yes を押します。

 

  • ステップ5

これで無事アップデート開始です。あつかれ様でした。

f:id:toshihsto145:20210331154447j:image

 

以上です。分かってしまえば意外と簡単にアップデートできます。

 

 

ASB銀行投資口座 4ヶ月目

こんにちは、とーしばブログのとしです。ASB銀行投資口座を11月に開設して4ヶ月目になりました。(2021年3月現在) 

f:id:toshihsto145:20210330210709j:image

今回は半年経った投資状況についてです。

 

toshihsto145.hatenablog.com

 

結論から言うと、利子の状況は増えたり減ったりしてあまり変わらないです。

f:id:toshihsto145:20210330211609j:image

現在、5000ドルの投資に対して100ドル利子がついたかと思うと、しばらくするとと90ドルや80ドルに減ったりを繰り返しています。

何回か元本割れをして5000ドルを下回ったことがありましたが、すぐ元に戻りました。大して変化がない理由としてコロナ不況の影響もあるのではないかと思います。毎月決まった額を積み立てるわけではなく、ずっと5000ドルBalance Fund に入れてる状態です。

f:id:toshihsto145:20210401165837j:image

↑[これが投資の表です。急に増えている部分は投資金額を追加した時の部分です。後日に付け足してアップしたので日付と金額に違いがあります。]

 

最初の時には、利子が20ドルずつ毎月増えていましたが、ここにきて投資した利子は大して増えなくなりました。しかしあくまで長期投資を考えているので、今後も引き続き様子を見るつもりです。

toshihsto145.hatenablog.com

 

toshihsto145.hatenablog.com

ニュージーランドの銀行口座で投資してる人は、なかなかいないと思うので、引き続きブログで投資状況についてアップします。

 

中田YouTube大学を観なくなった理由

こんにちは、とーしばブログのとしです。

僕は中田敦彦YouTube大学の大ファンでした。YouTube大学が始まった1年目はめちゃくちゃ内容が面白くて毎日YouTube大学の動画がアップされるのを心待ちにしていました。

しかし、最近は動画を観ることがほとんど無くなりました。

 

僕自身はもともと中田YouTube大学の大ファンだったので、スタートした1年目みたいに毎日更新で必死に動画をアップしている頃のあっちゃんが再び観たいですね。

 

中田YouTube大学が最近面白くないと感じる理由

 

中田YouTube大学は、最初の1年は本当に楽しかったですね。常にワクワクして動画を見ていましたし、神回が多かったです。

歴史や文学のエクストリーム授業が好きだったのですが、最近はビジネス書を取り上げることがほとんどで、毎日更新ではなく3日、4日に一度です。

 

YouTube大学がつまらなくなった理由として、ビジネス書を中心に取り上げることが多くなったからだと思います。

中田YouTube大学といえば、文学や哲学、歴史などの難しい内容を分かりやすく中田さんの演技で面白く解説するから楽しかったのですが、最近はYouTube大学の内容自体が僕としては物足りない内容になっている印象です。そして一部が有料チャンス化したことも大きな原因ですね。

 

ビジネス書に解説はいらない

 

僕は難しい本の内容を超わかりやすく面白く解説してくれる中田敦彦さんが好きだったんですよね。

中田敦彦さんが、哲学や古典文学などを理解して内容を整理して、誰にでも分かるように面白い演技で説明してくれるのがYouTube大学が支持されていた理由だったと思います。

 

しかし、最近はビジネス書を取り上げることがほとんどで、正直なところビジネス書に解説はいらないです。

理由としては、ビジネス書は誰でも簡単に理解できる内容が多いのでわざわざ誰かの解説を聞くまでも無いからですね。

そしてビジネス書の内容自体がもともと簡単なので、プレゼンをするにも楽だと思うんですよね。

だから本の内容を理解する労力が古典や哲学よりも楽です。なので僕としては内容が理解しやすいビジネス書を解説した動画をわざわざ観る必要もないかなと思いました。

それにビジネス書は気になる箇所だけを拾い読みできる本も多いのでそういう理由でもわざわざ解説を聞く必要は無さそうですね。

他にもビジネス書の中には信憑性が怪しいものもあるので内容自体も鵜呑みにはできません。

 

少し前までは、文学や哲学、歴史などを2分割にした動画を毎日アップしていました。一回につき1時間ほどの動画で前編と後編に分けられていて、半分の労力で2つの動画を作る技は、さすが頭が良いなーと最初は関心していたのですが、、、

 

最近は動画の更新自体が3日、4日に1回で肝心な動画も簡単に理解できるようなビジネス書ばかりなので、そこまで動画には力は入れてないのかなと思いました。

動画の内容自体もつまらないと感じるものが多いので、僕の場合はYouTube大学は全く観なくなりました。

 

YouTube動画を有料化し始めた

 

もともとファンクラブなど課金制のメンバーシップなどもありましたが、現在、セカンドチャンネルの動画の一部は有料化されています。

 

岡田斗司夫さんがYouTube動画を前々から有料化していますが、中田敦彦さんもそれを見習って有料化コンテンツを作ったのでは無いかと思います。

そして有料化すれば悪意のあるアンチや芸能人のスキャンダルを書く記者に勝手に記事を書かれないなどの対策だと本人も言ってましたが、、

 

僕としては、はっきり言うと課金をしてまでYouTube動画は観ないですね。1人のYouTube動画のために月額をわざわざ払う気にはなれないですね。

 

僕だったら、中田YouTube動画の課金動画にお金を払うよりも間違いなくNetflixAmazon Prime 、Hulu 、Disney channelを契約します。

これはどの人気ユーチューバーが課金制動画を出しても意見は変わらないですね。こういう一部の動画を有料化したのも中田YouTube大学の動画を観なくなった理由です。

 

今までYouTube動画が無料だったから動画を見ていたのですが、動画を有料化するということはNetflixAmazon Primeの月額のサブスクリプションと闘うということです。

 

同じ1000円を毎月払うなら、一個人の雑談動画やコンテンツにお金を払うよりも、月々1000円で映画やドラマが見放題の方を選ぶと思います。なので僕だったらわざわざ有料動画を観たいとは思いませんね。

 

YouTube大学で顔出しをやめた 

 

最近はほぼYouTube大学を観てないのですが、どうやら顔出しもやめたらしいです。最近顔出ししていない解説系ユーチューバーの動画が増えたからかもしれません。

 

もともと中田さんの動画は、身振り手振りや解説しているときの演技や雰囲気が好きだったんですが、顔出しもしない動画で、かなり動画の雰囲気も変わるだろうなと思いました。

ちょうど去年に動画を見ていた頃は本当に毎回面白かっただけに、いろいろ変わったなと思いました。

 

1年目の必死なあっちゃんが良かった

 

僕はYouTubeデビュー1年目の必死なあっちゃんが良かったですね。芸能人として苦戦していた時期に悪戦苦闘しながら、試行錯誤しながら撮影したり、必死に動画内で喋って毎日、毎日、クオリティーの高い動画を出し続けていたあっちゃんが好きでした。

その頃は登録者数も爆発的に伸びていた頃でコロナでみんな家にいることが多かったという理由もあって、再生回数もものすごかったですね。

 

難しい哲学や古典文学を解説していた頃のあっちゃんが一番面白かったので、僕としてはあの頃のような動画を希望しています。