とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

岡山駅から三菱水島までの行き方 【三菱水島期間工】

こんにちは とーしばブログのとしです。

岡山駅から三菱水島まで行き方を解説します。

期間工のなかでも、三菱水島はめちゃくちゃマイナーでネットを探しても、ほとんど記事が出てきません。出てきてもまとめ系期間工ブログの似たり寄ったりの情報と、かなり昔に三菱水島期間工で働いていた人の僅かな情報しかありませんでした。

 

なぜ、三菱水島の情報が出でこないかという理由ですが、何よりも岡山にある三菱で期間工をするよりも、大半は広島にあるマツダに行くのでは無いか?と思います。

マツダの方が知名度も祝金が高いですし、やはり総合的にマツダの方がいいからでは無いかと思います。 それに三菱水島自体待遇がそこまで突出して良いわけでは無いというのも理由だと思います。

 

なので、もし少しでも三菱水島期間工を考えている人の参考になればと思います。

現在、僕は三菱水島で働いているわけではありませんが、僕のわかる範囲で解説します。

今回は僕が期間工を検討する上での下見をして得た情報を公開します。

期間工ブロガーの中には無断で写真や記事の内容を使う人もいるらしいので、無断転載はしないでください。

 

岡山駅から倉敷駅までの行き方

f:id:toshihsto145:20210303212451j:image

まず岡山駅から倉敷駅までの行き方ですが、

所要時間は40分ほど、片道330円です。

f:id:toshihsto145:20210303212802j:image

岡山駅周辺は割と栄えているので、駅内には地下街や飲食店があったり、近くにはイオンがあったりします。 県外から来る人は、まず岡山駅から倉敷駅に行くことになります。

f:id:toshihsto145:20210303212509j:image

 

倉敷駅から倉敷市駅に乗り換え

f:id:toshihsto145:20210303212548j:image

まず倉敷駅から出て下に一1階に降りた場所で倉敷駅とは別にあり水島方面行きの電車です。倉敷駅とは別に駅があるので少しわかりにくいです。

f:id:toshihsto145:20210303212702j:image

↑青が倉敷駅の路線で黄緑の方が倉敷市駅の路線になります

f:id:toshihsto145:20210303212626j:image

名前がややこしいですが、倉敷駅ではなく倉敷市駅から三菱行きの電車が出ています。

f:id:toshihsto145:20210303212959j:image
f:id:toshihsto145:20210303213003j:image

そして三菱水島(水島駅)まで

所要時間は30分ほどで、330円です。

三菱自工前まで行きたかったのですが、どうやら電車は水島駅までしか行かないみたいです。

f:id:toshihsto145:20210303213049j:image

水島臨海鉄道の電車は一両編成と田舎の小さな電車です。

f:id:toshihsto145:20210303213129j:image

倉敷市駅から三菱水島行きの電車の注意点

f:id:toshihsto145:20210303213209j:image
f:id:toshihsto145:20210303213204j:image

三菱水島行きの電車の注意点ですが、この路線は、あくまで田舎の電車だと思ってください。

岡山駅倉敷駅は、そこそこ本数があるのですが、三菱水島行きの電車は1時間に1本〜2本です。

電車が運行している時間帯は早朝5時から夜は11時くらいまで電車が運行しています。

f:id:toshihsto145:20210303213240j:image

30分40分ごとに1本行き帰りの電車があるので、電車が発車した直後に乗り遅れると30分40分ほど、次の電車を待つことになります。

 

さらに三菱水島から倉敷まで片身330円と往復だと660円、倉敷まで遊びに行くにもお金がかかります。さらに岡山まで行くにも片道330円、往復で660円かかります。

街に遊びに行くにも交通費が、そこそこかかります。

倉敷市駅から三菱水島工場まで

 

いざ水島駅に着くと三菱水島工場まで徒歩20分ほどかかります。三菱自工前まで行きたかったのですが、終点は水島駅でした。

この地域自体が工業地帯でいろいろな工場が密集しています。 

 

道路は常に工場の大型トラックが行き来しており、三菱水島にも大型トラックが出入りしていました。

周辺は三菱関連の企業や三菱の職員さんや作業員の人をたくさん見ました。