とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

期間工になって再起を狙う? 今後を考える

こんにちは とーしばブログのとしです。

前回ブログで2020年の振り返りと2021年に考えていることを書きました。

そのなかで一つ考えてるのは、期間工になって再起を狙うということです。もしもですが期間工で働いたら長期で働いても、1週間でバックれても期間工になった体験と状況をブログにしたいと思います。

 

期間工という仕事を知ったきっかけ

 

期間工で働くことはニュージーランドワーホリに行っていた頃2017年後半くらいから考えていました。

2014年ごろ、日本で印刷工場で働いてた時も、ネットでマツダ期間工求人を見たことがあったのですが、その時はとくに気にも留めてませんでした。

 

その次に期間工を知るきっかけは2016年、Primoで働いていた時のことです。  

オーストラリアワーホリ 時給25ドルのシドニー郊外のファクトリーの仕事を紹介します - とーしばブログ
職場で親しかったカビールという日本語が喋れるバングラデシュ人の友達が、かつてトヨタで働いました。

職場でカビールと話をしていると「ワーホリ終わったら日本のトヨタに行ったら?」と言われました。その時に日本で働いて稼げるの??って思っていましたが、調べるとけっこう稼げる仕事だと知りました。稼げる額を見たらオーストラリアくらい稼げるんじゃないか?と思います。

 

しかし当時はオーストラリア、ニュージーランドワーホリ、カナダワーホリで稼ぎつつ、英語を勉強しつつ、仕事で英語を使いつつ、海外の現状をみつつ、で考えてはみるものの実行はしていませんでした。

 

ニュージーランドから帰国して期間工に応募したけどやめた

 

それでも期間工については、ニュージーランドで仕事の同僚に話したり、ちょくちょくネットで調べたりしてました。実はニュージーランドワーホリが終わってから日本に帰ってから一回、期間工に応募したことがあります。

 

派遣会社から紹介された仕事がトヨタ九州アイシンAWでした。 あとは近場で三菱水島も考えたりしてましたが結局やめました。他にも日産追浜も一時期考えていました。

 

理由としてはニュージーランドで働いていたホテルからワークビザが出たのでそっちを選びました。期間工ほどは稼げませんでしたが、ワークビザを取ってホテルで引き続き働くことを選びました。

 

上手くいけば、めちゃくちゃ稼げる上に寮、食事付きで良さそうなんですが日本の職場環境に対しては不安がめちゃくちゃ大きいんですよね。

 

もちろん期間工で働く企業は世界的な大手ばかりなので、サービス残業などは無さそうですが、人間関係も当たり外れがあり大変そうです。

僕は体育会系の人間関係が特に苦手で、高校時代の部活の先輩とか先生との人間関係がトラウマです。

作業もかなりキツいとのことで、応募するにも少し迷いました。

 

新しい仕事と生活環境が慣れなくてキツいのはカナダで経験済み

 

僕自身も2019年のカナダワーホリでバンフで働いた時に寮付き、食事付きの職場でいくつか働いたんですが、やはり住む環境ってめちゃくちゃ大切です。

仕事の工程や人間関係、寮が全て不確定要素が目白押しでランダムってのもキツいかなって思いました。 

❌とくに新しい生活環境と新しい仕事に同時に慣れないといけないという精神的なキツさも経験済みです。

何回か環境を変えるだけでもけっこう精神的にダメージを受けました。ブログにはしてないですが、Banff Art center というホテルの寮がキツくて1日で出て行った仕事もあります。

住む寮、食事付きには思わぬ地雷があったり、デメリットもあるので両手を上げて喜べないんですね。

 

たしかに1番お金を貯めるのに有効な方法だと確信してますが、ハズレを引けば人間関係も工程もキツかったり、そうじゃ無くても体を酷使するとのことなので少し考えますね。

 

自分が考えてる期間工は?

【スバル派遣】

今のところ僕が考えているのは、スバルの派遣社員です。スバルは期間工の方がメジャーですが、スバル派遣は個室部屋と時給1800円という高時給です。派遣会社は日総工産です。

なかなか日本で時給1800円って見たことないんで、最初時給1800円という数字を見た時は 

「時給1800円ってマ!?」って感じでした。しかも月収30万~40万くらいでした。

手取りと生活費がどれくらいかかるかによりますが、毎月15万~20万ずつ貯金できるのが理想ですね。 派遣なので寮費無料、光熱費無料、食費格安ではないので少し考えてます。

それに期間工のように満了慰労金がないのも違う点です。

 

働く工場は、矢島工場は車体製造で雰囲気もピリピリしているらしいのでエンジン工場で負担も車体より少なさそうな大泉工場を希望しています。カナダで働いていた時に日本人の同僚がスバル大泉で働いていたのですが、働きやすいと言ってました。

 

三菱ふそう

もう一つ考えているのが三菱ふそうです。三菱という名前ですが親会社はドイツのダイムラー社です。

この仕事も派遣の仕事で日総工産で時給は1700円。 CMCという会社だと時給1800円です。

場所はなんと神奈川県、川崎市で東京のすぐ近くです。しかし寮費と社食の値段が高いこと、東京の近くなのでお金を使う場所が多いことなどお金が貯めれるかが心配です。

自分でシェアハウスを探して、武蔵小杉あたりの海外の人たちと住める物件を探せば半分英語環境をゲットできるんで、これもアリかなと思ってます。

 

トヨタデンソー

トヨタデンソーといえば期間工になる人が必ず一度は働く場所として有名です。期間工で1番稼げる場所としても有名です。

そして場所が愛知県です。大河ドラマ麒麟が来る」の舞台になった場所です。信長、秀吉、光秀、家康などドラマのキャラクターゆかりの地が多くある場所なのでぜひ行ってみたい場所です。もし愛知県で働くことになったら、休みの日は歴史巡りをしてみたいです。

しかし、期間工では主に車体を作る仕事が多いので足腰への負担が大きいです。ワーホリでハウスキーピングで働いていた時に腰を痛めているので出来れば部品系の期間工を考えていますね。

 

集団生活という懸念点

しかし相部屋の心配や集団生活などの懸念点があります。今までワーホリをしていた時は大勢と一緒に住んでいても仕事の日や時間がバラバラだったのでなんとかやってこれました。

しかし期間工だと、ほとんど生活リズムが同じなので風呂に入る時間、洗濯をする時間などが同じです。

しかも寮の壁が薄くて生活音が聞こえたり、自分も夜勤や日勤などでとなりの人に気を使わないといけません。 壁が薄い部屋もカナダで経験済みでけっこうキツいです。 カナダにいた時に夜中に電話をしてたり、話し声が聞こえてストレスだったことを思い出します。

 

そして洗濯機を使う時間が被るのもキツいですね。朝に支度をする時間が他と被るのもストレスです。

僕はわりと何もせず待ってる時間が嫌いなのでそういう生活リズムが他の人と被ったりするのもイヤだなと思ったりしてます。

 

期間工界隈への懸念点

 

そして期間工になる懸念として期間工界隈への懸念があります。 

調べてみるとやたらパチンコ狂ギャンブル狂借金をしている、したことがある人が多い印象です。有名ブロガーも軒並みそういった傾向がある人がいるので大丈夫かな?という感じです。

 

お金関係のトラブルに巻き込まれるのはイヤですし、ワーホリ界隈とも違う属性の人がいるなと思いました。

期間工系のTwitterアカウントをチェックしていると正直なところ、あまり関わりたくない人もちらほらいます。中にはかなりヤバそうな人もいました。

FXや株、パチンコでこれだけ借金があります!!みたいなアピールも見受けられたりします。

ツイッターを見ていると、常人とはちょっと違う感覚を持っていたり、一般の常識が通じないのかな?と思ったり、お金関係でよくトラブルを起こしていそうな人もいます。

 

そういうクセが強そうな人もたまに見かけるんで期間工は不安が大きいですね。でも期間工って借金の有無について厳しく面接で聞かれるんで、そもそも借金があって期間工になれるのか?疑問です。

 

逆に期間工に来る人には起業したり、お店を開いたり、留学に行ったりなど、何か目標を持ってきている人もいます。そういう何かしら目標がある人や僕みたいに海外に行きたい!!って人とは積極的に話をしたいですね。

 

 

期間工のブログ情報

 

常に何かを始める時はブログ情報を集めるのですが、ワーホリの時と同じく曖昧でぼんやりした情報が多い印象でした。

大抵は、まとめ系ブログで似たような情報ばかりです。有名期間工ブロガーもすでに現役期間工でないためなのか浅い情報が多いですね。

 

人によっては、過去ブログの古い情報を少しいじった程度のクオリティの記事を出している人います。有名期間工ブロガーは特に過去の古い記事の使い回しを乱発している人も多いので注意が必要です。

あとブログを書いてる人の中には、期間工経験者なのかよく分からない人もちらほら見ますね。

 

そして、コンプライアンスの影響や身バレ防止のためなのか、実際に経験した人のリアルな情報が不足していると感じました。

 

ツイッターだともう少しタイムリーな情報もあるのですが、どうでもいい情報やご飯の写真など、あまり参考にならない情報もけっこうあるので玉石混交でした。

これはワーホリ界隈でも似たような感じですね。いかに情報収集が難しいか?ということを表しています。

 

ブログの幅を広げれる

 

一方、期間工として働けばワーホリや留学などの情報以外に幅を広げることができます。やはり情報発信をする側からしたら、なるべく多くの人に役立つ情報を発信できることが大切です。

期間工で資金を貯めれれば、これから留学やワーホリに行く人にも新たな情報提供ができます。自分のブログの幅を広げれるという意味でもアリな選択肢です。

 

ワーホリや留学のために期間工で半年〜1年働いてから海外に行くって人のために情報発信ができるのが魅力ですね。 しかし、問題がありそうな癖の強そうな人にツイッターで絡まれるのは避けたいですね。。

あとは身バレ防止で、ツイッターではリアルタイムの情報発信を控えたり、アカウントの写真や名前を変えるなどの対策は必要かも知れません。

 

期間工にいくつか行けばいい場所が見つかる可能性も

 

けっこう仕事と人間関係、寮の当たり外れによって仕事の難易度が決まるわしいので、行ってみてハズレを引いたらすぐ辞めて帰るつもりです。とくに人間関係ですね。

運の部分が大きいので、いくつか期間工に行けば当たりを引く可能性があるので行くのなら、いくつかの工場で当たりを探すのが良いかなと思います。

入ってすぐ期間工は辞める人が多いので、すぐ辞めてダメだったら次を探すのは十分アリだと思います。

しかし、カナダワーホリで何回も環境が変わって精神的にキツかった僕としては、自分が耐えれるかが心配です。

期間工はお金が貯まりやすい仕事なので、お金が貯まったら海外で再起するための資金にしたいと思います。

 

最後に

 

期間工に行くかはまだ不安もありますし、2020年はコロナがあったりして、今後をどうしていくか?を考える年でした。

もし期間工になつたらブログでも身バレしない程度に役立つブログを書いていくつもりです。ワーホリだけでなく期間工のブログ情報など、他のジャンルにも幅を広げれる1年になればと思います。