とーしばブログ

こんにちは、とーしばブログのとしです。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でのワーホリの体験談、フィリピン、マレーシアでの留学経験。読書や勉強で得た知識や考えやニュージーランドでの投資についてブログで発信しています。

カナダワーホリで稼げなかった僕の体験談①

こんにちは とーしばブログのとしです。

 

今回はカナダワーホリで稼げなかった僕の体験談と落とし穴について書いていきたいと思います。

カナダはチップ制度があったり、バンフでは食事付きの格安の寮があったりして、めちゃくちゃ稼げるという情報がネット上にありますが、今回はカナダワーホリで貯金しようとした僕の失敗談となります。

 

僕のように失敗しないためにカナダワーホリで同じように失敗しないための参考にしてみてください。

 

カナダワーホリまでの経緯

 

僕は2018年1月〜2019年11月まで1年間ワーホリカナダでワーホリをしていました。カナダに行く前は、ニュージーランドのホテルで働いていてシェアハウスに住んでいました。

 

⇒その時に、どうやらバンフでワーホリをするとめちゃくちゃ稼げるということを知りました。

理由は無料の食事のと寮付きのホテルで仕事をすればさらに貯金ができるというものでした。

 


今考えるとニュージーランドの方が貯金するためには最強の環境だったのでした。

しかし、当時はカナダワーホリで新しい環境に行ってチャレンジしたいという気持ちがありました。そして、無料の食事付きの格安スタッフ寮に住めばかなり貯金できるんじゃないか?という思いがありました。

そしてホテルで2年間働いた経験があるから、仕事探しも楽勝だろうという気の緩みもありました。

 

 

4つ職場を変えて3つハズレだった


1年間カナダに滞在して、合計4つのホテルで働きましたが結果は散々なものでした。

 

最初のところは仕事量が多すぎてキツくて辞め、2つ目は2週間で突然スーパーバイザーに呼び出されて解雇され、3つ目は住むとこも働くとこも良かったものの働けるのが夏だけ、4つ目は、職場を仕切るフィリピン上司がワンマンでブラックでした。結局どの仕事も辞めてしまいました。 

他にもウィスラーで仕事を探したものの良さそうな仕事が見つからず、住もうとした日本人シェアハウスも問題があると分かり逃げたり、ほかのバンフのホテルも寮がめちゃくちゃ汚くて合わなさすぎて仕事をする前に辞めたりしました。


そして、新しい場所に移動して費用がかかり、バックパッカーの滞在費が高かったり、新しく住む場所と仕事に慣れるまでがかなりストレスだったり、仕事を探すのに手間がかかったりと、今になって考えるとかなり無駄が多かったです。 なにより心の負担と環境を変えるストレスが多かったです。

カナダでは、新しい経験も多かったのですが、お金を貯めるとなると1つの職場にずっといる方がベストだったと改めて思います。

 

 

自分の心を蝕んだ環境を変えるストレス

 

新しい環境に慣れるまでのストレスが自分の心にかなり負荷をかけていました。たしかに食事付き、スタッフ寮付きの職場は、貯金しやすいかもしれませんが、住む環境と働く環境が同時に変わるというのは、かなを心にストレスを与えます。

 

バンフでは時給が16ドル、食事付き格安のスタッフ寮があって、効率的に稼げると思っていたのですが、、、

❌  実際は職場か寮のどちらかがが合わないと仕事が続かないです。

 


どちらか合わない部分があると、どっちの環境も変えないといけないんですよね。そしてまた新しい寮と新しい職場に行って最初の1カ月を耐えないといけない、また一から慣れないといけない環境が待っているのです。

 

それが4回あったのですが、環境が変わるストレスは相当のものでした。

それだけでなく今までのワーホリでも環境が変わることが多かったので知らず知らずのうちに自分の心に負担をかけていました。

 

こんな盲点があるとは知らずに、格差の寮とホテルでスタッフ用の食事付きだから、めちゃくちゃ稼げる。

 

【もしバンフで目標貯金額を達成したら、トロントバンクーバーの生活も満喫できるかもしれないと考えていましたが、これが失敗点だったなと思います】

 

 

結果、カナダワーホリは稼げなかった

 

結果は散々なもので、環境と職場を同時に変えないといけないという落とし穴と新しい環境に慣れないといけないストレスに耐えないといけないストレスを抱える結果になり、僕の場合は考えていたようにバンフで貯金をすることができませんでした。