とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

オーストラリアワーホリのファームのリアルな実態

こんにちは とーしばブログのとしです。

今までオーストラリア、ニュージーランド、カナダでワーホリ経験をした僕ですが、今回はオーストラリアワーホリのファームについてリアルな現実について考えていきたいと思います。

 

 

ワーホリはあくまで人手不足を補う労働力

 

ワーキングホリデーの就労は本来、旅行の資金を補うものと書かれていますが、受け入れる側は人手不足をワーホリで補うという意図があります。

 

なのでワーホリで就ける仕事としては、主に観光業や飲食業、ファーム、単純作業など、基本的にはそこまで高いスキルや能力がいらない仕事に就くことになります。

 

その中でも、なぜファームの仕事が奨励されているかと言うと現地の人が働きたがらない仕事であり常に人手で不足だからです。

 

そしてファームの中にはかなり低賃金な仕事もたくさんあります。日本人だけで無くアジア人全体を見ても低賃金ファームで働いている人も多く、ヨーロッパから来たワーホリ勢もオーストラリアの低賃金ファームで働いているということもあります。

 

ネット上にはオーストラリアワーホリの稼げるキラキラしたイメージばかりで、肝心なことは抜けてたり、あんまり役に立たない情報もなかにはあります。わりとワーホリ来てまもない、右も左もわからない人が引っかかりやすいように思います。

 

 

違法低賃金ファームの聖地バンダバーグ

 

特に有名なのが、クイーンズランド州にあるバンダバーグですね。なかにはバンダバーグで正規賃金のファームで働いてた知り合いもいるので、全てが違法な賃金では無さそうですが、低賃金ファームが多いことで有名です。

QLDには、たくさんあってバンダバーグなんて悪名高い典型的なFackin farmなんで バンダバーグのこととかやってました

僕がオーストラリアワーホリに来た2015年にバンダバーグにある違法賃金ファームがニュースで話題になっていました。

 

↓英語のニュースですが違法低賃金ファームの実態について報道しています。

【Illegal farm news ABC News】

Slaving Away - Four Corners

 

超低賃金ファームがオーストラリア経済を支えている

 

現実的にはとてつもない低賃金でワーホリワーカーが働いて、オーストラリア経済を支えているといえます。

あれだけ安い値段で野菜とか鶏肉がwoolworth とかcoles とかALDIとかで安く売らてるのも低賃金で台湾人とかコリアンとか日本人を雇うからあんなに安く買えるという裏事情もあるみたいです。


オーストラリア政府側からするとワーホリワーカーがファームで働くことによって、ビザを延長することができるようにしているのは、やはり人手不足の仕事を外国人労働者で補おうとする意図があると思いますね。

 

給料月500ドルのメルボルンファームで働いた経験

 

僕もメルボルンファームで月500ドル10時間くらい働いていました。日本語のサイトでメルボルンにあるファームでした。もちろん昼休憩は無しで自分で時間を見つけて昼を食べてました。

 

セカンド、サードビザを取るときは、ファームはジャパレスよりたちが悪いんで気をつけた方が良いです。本当か嘘か分かりませんが聞いた話では、スーパーバイザーのコリアンは給料が月$8000だったみたいです。。

そしてメルボルンの寒暖差がかなり激しくて辛かったてすね。1日に四季があると言われてるだけあって昼は 夜はみたいでした。朝4:00くらいに起きて送迎バスで作業に行って朝露に濡れながらめちゃくちゃ寒い中でストロベリーピッキングをしてました。 

 

働いてる日本人の中にはセカンドのためにずっと働く人もいましたが、激安の給料もレントや送迎費を取られ、ほぼ無給に近い仕事でした。

❌日本語のサイトは悪質な求人も混じってるので仕事探しは慎重に

 

ファームで働いていた頃、友達から聞いた話ですが悪質なファームでスーパーバイザーがセクハラをしたというとこもありました。

ワーホリではジャパレスは気をつけろっていう情報は目につくんですがファームはなかなか目に付きにくいですね。

 

オーストラリアのファームジョブ

 

オーストラリアのファームにはいろんな仕事があります。作業内容はフルーツや野菜によってやり方が異なりますね。

仕事の中には体力が必要なバナナとかスイカとかもありますし、僕が働いていたストロベリーファームはトローリーを座って仕事ができたので力は必要ありませんでした。

なかには腰が痛くなる作業とかもあります。中腰で作業するときはキツかったですね。

 

ファームの仕事は朝早くから始まります。 早朝5:00 とか6:00 から始まって、昼には終わったり、 夕方 4:00 5:00だったり忙しさによっていろいろでした。

 

例えば同じストロベリーファームでも僕の場合は良いファームと悪質ファームの両方を経験しました。僕はそこまで稼げませんでしたが、中には週1000ドル以上余裕で稼げるというファームもあります。

 

しかし、優良ファームの中には、英語が流暢に喋れるとか、移動用の車があるとか、ファームで働いた経験があるとか条件があったりします。もちろん無くてもなんとかなる場所もあります。

ファームの仕事はやってみないと分からない部分もあるのでハズレを引いたら即辞めるくらいでいいと思いますね

 

ワーホリは必然的に即戦力を求められる

 

オーストラリアはビザでは1つの場所で働くには6ヶ月と言う制限があります。雇用からすればワーホリビザで6ヵ月しか働けない新人を雇うより、ある程度、仕事の経験がある即戦力になる人を求めることになります。

ファームにしても場所によってはその傾向があります。ネットの求人とかには、よくexperienced とか experience requiqe と書いてあることがあるんですが、やはり経験者を雇う傾向があります。

 

オーストラリアワーホリは最大で3年働けるので、一度どこかのファームで経験を積んでおくと次にファームに行く時は採用されやすいかも知れません。そして悪質なファームではなく、なるべく良心的なファームである程度経験を積むのが理想的ですね。

 

ファームは稼げるか?

 

こればかりは運ですね。時給だといいファームとかだったら時給制ですけど歩合の方が多いですね。 

 

歩合でも 良心的なファームは、1キロごとの値段設定もちゃんとした値段ですし、たくさんフルーツや野菜が取れる時期は稼げると思います。

 

同じフルーツでも ファームによって待遇も違います。待遇もお金もファームが違うだけで本当に天と地ほど違います。稼げるファームなら歩合制でもハイシーズンは頑張った分だけ稼げます。

ちなみにハイシーズンの時期はフルーツや野菜によってかなり期間や時期が違います。セカンドを取るために複数のファームで働いてる人もいました。

 

僕が2つ目に行ったファームも歩合制でしたが、ファームワーカーに対する扱いも良かったので、やる気も出ましたし、仕事に対してやりがいを感じました。 

 

もっと早くできるようになりたいとか、取れ高によってランキングが出てたのですが、今の自分の順位はこれくらいで、、とか、一番早い人に追いつこうと考えたり、上位になったらなったで、もっと頑張ろうとか、差をつけようとか、誰が早くて実力があるとかを意識しながら仕事をしてました。今考えるとファームは大変でしたが、やりがいがある仕事でしたね。

 

ビザで不採用になることも 

 

そして経験があってもビザの問題で落とされたりもします。 ファームではありませんがワーキングホリデービザだったので不採用になったこともました。ファームだと季節労働なのであまり問題にはならないかも知れません。

 

僕がカナダワーホリですが、トロントバンクーバーの大手のホテルの面接にビザで落ちたという記事を載せておきます。

特にシティジョブはその傾向があります。ワーキングホリデーで来た人は、1年もしくは半年しか働けないので雇う側からすると利用しづらいんでしょうね。

 

余談ですが、将来的により高度な仕事に就くには、現地の大学を卒業するとか永住権など、ビザや資格が必要だと思っておいてください。そして、大学のDiploma など卒業資格が必要な仕事もあります。

 

最後に: オーストラリアワーホリはピンキリ

 

オーストラリアワーホリはネット上ではものすごく稼げると評判なのですが、と言うとかなり仕事の内容はピンキリです。ほんとに天と地の差が激し過ぎる場所と言っても過言ではありません。

 

なので半年、1年で〇〇ドル稼ぎましたとか、時給〇〇ドルと言うのを必ずしも、鵜呑みにしない方が良いかもしれません。

ブログ内では何度も言っているように英語力次第でかなりワーホリの内容は変わってきます。英語力がほとんど無くければオーストラリアで稼ぐのはかなり厳しいと言って良いでしょう。あとは運もめちゃくちゃ大事になってくるので、とにかく求人を探すしか無いです。

 

仕事探しは、なるべく英語のサイトで仕事探すのをオススメします。Gumtree とかSeek 探すといいかなと思いますね。

そして、車あったら、だいぶファーム探しやすいですね。だいたい中古車だと$2000〜$3000くらいであります。

 

万が一、悪いファームを引き当てたら速攻で辞めるくらいで良いんじゃないかと思います。


そして、なるべく英語サイトで探して生活状況がサイトに書いてあるのと違ったり、変だなって思ったらすぐに辞めた方がいいてす。ビザは残る期間が短くなればなるほど、仕事探しは難しくなるので、居るだけ無駄なので、見切りをつけるなら早めが良いですね。