とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

ワーホリに本当に必要なもの

こんにちは とーしばブログのトシです

今回はオーストラリアワーホリに本当に必要な物について解説していきたいと思います。

同様にニュージーランドワーホリ、カナダワーホリでも参考になると思います。

 

 

オーストラリアワーホリに本当に必要なものは?

 

結論から言うとオーストラリアワーホリに本当に必要な物は、

【充分な貯金】【中級以上の英語力】【仕事経験】の3つです。

あとは【スマートフォン】【パスポート】【ワーキングホリデービザ】ですね。今回はここは省略させていただきます。

 

正直スーツケースかバックパックか?とか、どんな物を持って来るか?は個人の好みと判断です。 

それにその気になれば、KマートやTarget で買えるので何とかなります。

 

今回はこの【充分な貯金】【中級以上の英語力】【仕事経験】にフォーカスして解説していきます。

 

 

 

【必要な貯金額】

 

まず、オーストラリアワーホリで仕事を見つけるまでの充分な貯金は持っておきましょう。

最低限、1ヶ月2ヵ月は仕事が無くても生活できるお金と、仕事探しで移動するためのお金が必要です。

*シェアハウスに住む時に2週間分のデポジットと1週間分のレントを払わないといけないので、かなり余裕を持った方がいいです。

→オーストラリアの仕事は時給が高いだけに探すのに時間がかかります。 あとは生活費とか、面接やトライアルに行く費用もかかります。

オーストラリアでファームに行く場合は、稼げる場合とそうじゃない場合があるので、余裕を持った方がいいです。

 

オーストラリアで必要な貯金額は?

 

  • ビザ申請費
  • オーストラリアへの渡航費(航空券)
  • ワーホリの保険料 (Unicare がオススメです。)
  • 数ヶ月仕事が無くても大丈夫なだけの金額
  • レント2週間分+1週間分のレント
  • 移動費
  • ファームでハズレを引いても対応できる費用
  • 語学学校の費用 (オーストラリアよりフィリピンやマレーシアで費用を安く抑えれます)

⇒やはりゼロからスタートだとかなり費用がかかります。 全て準備して、オーストラリアに渡航する時点で30最低でも万〜40万くらいあるのが望ましいですね。

 

わりとオーストラリアで不足の事態ってよくあるんで、お金の備えがあった方がお金が無くて即帰国を避けれます。 稼げる国ではあるんですが、同時に稼げない国でもあります。

 

 

【英語力】

英語力もローカルジョブを狙うなら中級以上が望ましいです。

英語を勉強するなら、オーストラリア現地よりもフィリピンやマレーシアで英語留学をした方が効率的です。

 

⇒僕はマレーシアでオーストラリア系列の語学学校ELC(English Language School)で3か月留学しましたが、生活費も学校の費用も格安でした。授業のカリキュラムもオーストラリア本土と同じものでした。

ワーホリに行く前にもなるべく自主的に英語を勉強したりした方がいいですね。

 

よくワーホリで英語を伸ばせば大丈夫ってことを聞きますが、どれだけワーホリのスタート時点で英語力があるかでかなり変わります。

 

 

【仕事経験】

オーストラリアでは、仕事経験があることが前提になります。逆に仕事経験が無ければ採用されにくいです。僕も仕事経験が無いためにほとんどの求人で落とされました。ハウスキーピングだったり、レストランだったり、工場だったり、何かしら仕事経験を持っていた方がいいです。