とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

ASBバンクの投資運用の状況 2ヶ月目     【ニュージーランドワーホリ】

こんにちは とーしばブログのトシです。

ニュージーランドワーホリから2年後にニュージーランドのASB銀行の投資口座を開いたのですが、順調に利子が増えています。今回は投資運用の状況を報告します。

あくまでワーホリから帰国した人や現地にいる人向けの投資方法になります。

f:id:toshihsto145:20210420144451j:image

 

2021年1月 現在、口座で運用しているのは5000ドル、、に対して合計134ドルの利子です。ASBの別の口座から追加で投資運用額を増やすこともできます。 タックスレートは17%です。

投資ファンドBalance fund を活用しています。

f:id:toshihsto145:20210112122436j:image

投資を初め2ヶ月ほどですが、順調に伸びてます。普通預金0.6ドルとかだったので雲泥の差ですね。

口座の開設は、万が一お金が必要になることを考えてしばらく様子を見ていたのですが、ここまで差があるとは、、

 

口座開設についてはこちらで詳しく説明していますが、現地に口座があれば帰国後もオンラインで申請も可能です。

最低2000ドルから投資運用ができます。ニュージーランドとオーストラリアのネット銀行はかなり進んでおり、お金のトランスファー、手続きなどオンラインで全て出来ます。

 

ASBは日本の住所変更の手続きも全てオンラインで可能。 帰国後も日本の住所に銀行カードを送ってくれます。

 

もちろん口座維持費は無料または格安です。銀行アプリもかなり使いやすいので超オススメです。

 

 

僕はオーストラリアとニュージーランド将来性を感じているので、今後も(大きなお金がやむ終えず必要な場合を除き、)   投資を続けて行く予定です。

 

ニュージーランドかオーストラリアで、ワーホリをしていた人で資金に余裕がある人は投資口座を開くのをオススメします。

 

ちなみにカナダの銀行は全体的に口座維持費が高かったり、融通が効かなくて使いにくいと感じたので、帰国後すぐ閉鎖しました。

 

そう思うと、ニュージーランドオーストラリアの銀行はかなり優秀ですので、帰国後も口座を持っておくのは、オススメです。

 

↓海外投資の税金についても詳しく解説しています。

toshihsto145.hatenablog.com

 

↓ASB銀行のウェブサイトはこちら

ASB銀行口座開設についてのご案内