とーしばブログ

こんにちは!!とーしばブログのとしです。高卒から3年働いてお金を貯めフィリピンとマレーシアで英語留学、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国でワーホリをしていました。ブログでは海外情報やワーホリの体験談、読書や勉強で得た知識や考えを発信しています。

僕がシドニーで時給25ドルの仕事をゲットするまでの道のり

こんにちは とーしばブログのトシです。

前回、前々回は僕が働いていた、時給25ドルのシドニーにあるファクトリーの仕事について話しました。 

オーストラリアワーホリ 時給25ドルのシドニー郊外のファクトリーの仕事を紹介します - とーしばブログ

 

オーストラリアワーホリ 時給25ドルの仕事をゲットしたエージェントを紹介します - とーしばブログ

 

今回は仕事をゲットするまでのことを話したいと思います。 今から考えるとその仕事をゲットできたのは本当にたまたまでした。

 

時給25ドルのファクトリージョブをゲットするまで

 

【レジュメを300件くらい送る】

この仕事をゲットする前にネット求人サイトで毎日、仕事という仕事にレジュメを送りました。

本当に朝から晩までアプライし続けてファクトリーの仕事をゲットするまでに、たぶん300件くらいレジュメを送った気がします。数えきれないくらいの不採用メールをもらいました。これでけっこうメンタルやられました。もちろん気にせずどんどんネットにある求人に所構わず応募しました。

 

【レジュメ配り】

レストランやカフェは自分で印刷したレジュメをひたすら配りました。印刷はバックパッカーにいる時にしました。図書館とかでも印刷できます。 昼の忙しい時間を避け、レスト忙しくない時間を狙ってオーナーやスタッフにレジュメを渡しました。ホテルにもレジュメ配りに行きましたが、ホテルの場合はネット経由での応募みたいです。

 

【仕事ゲットまでは2か月かかった】

たくさん大量に不採用メールをもらいメンタルをやられ不安になりながらも、2か月くらいかかりやっとファクトリージョブをゲットしました。お金もギリギリだったので節約しながらしのぎました。

メールの冒頭文Unfortunately という文字が見えた瞬間メールを削除してました。それでもめげずにどんどんネットで仕事を探しました。

 

【面接とトライアルに行きまくる】

あとは面接に行ったり、トライアルを受けたりしました。働いても待遇が最低賃金以下だったり、ブラックだったりして2、3日で辞めたりもしました。 ジャパレスの面接にも行きましたが、一風堂やよい軒以外のジャパレスはほぼ全て最低賃金以下でした。基本的に仕事経験がある方が採用されやすです

 

【求人サイト】

SEEK (難易度高め) Gumtree (難易度中くらい) Indeed (難易度中くらい)などのオーストラリア求人サイトを使って片っ端からレジュメを送りました。日本語求人サイトはCheers 日豪プレス などのサイトを使いました。

 

【エージェントに登録しまくる】

 

僕はたまたまLSAというエージェントから仕事を紹介してもらいましたが、他にもいろいろなエージェントの求人サイトにレジュメを送りました。 

各エージェントのウェブサイトごとに、自分の職歴や経歴、資格、住所なんかをひたすらネットに入力して登録しないといけなかったのが大変でした。 しかもかくサイトごとにユーザーネームとパスワードを登録しないといけなかったりして、めちゃくちゃ面倒でしたね。大手であればあるほど、きっちりしていたりするので登録を断念するとこもありました。

 

❌日本のエージェントと違うところは、オーストラリアのエージェントは登録しただけでは仕事を紹介してくれないんですね。応募した仕事に自分の職歴がマッチして初めて連絡をくれます。僕は日本で工場経験が3年あったからか、ファクトリージョブをゲットできました。

 

覚えている仕事をいくつかを紹介します

 

キングスクロスにあるブラックジャパレス】

わりと地元の人には評判のジャパレスなのですが、働いてるとオーナーと料理人の人がめちゃくちゃ口が悪くて、しかも時給15ドル働いて2日で辞めました オーナーからはトライアル期間は給料は出ないからと言われ給料はありませんでした。

あとで一緒に働いてた友達から聞くと、友達が仕事中滑って転んだのですが、オーナーはその人より、運んでいた食品の状態の方を心配して怒られたらしいです。

 

【車の洗浄の仕事】

日系の会社で車の洗浄の仕事です。時給12ドルで辞退しました。仕事は高級車を洗う仕事です。場所はVaucluse (ボークルーズ)というボンダイビーチの近く、シドニーの高級住宅街にありました。

高級車を洗う仕事場だったので時給が高いことを期待していましたが、全くそんなことはありませんでした。 日系ではなくローカルの会社ならちゃんとしているかもしれません。

 

【セールスの仕事】

この仕事は割と求人にでていますが、歩合制の仕事らしいです。グリーンピースとかWWFとかのパンフレットを配ったり、通行人に話しかけたりする仕事です。面接に来ていたのも英語圏の人が多かったです。

 

【Pyrmontにあるフィッシュマーケット】

Pyrmontにあるフィッシュマーケットは時給15ドルでした。トライアルで2日働いて辞退しました。

 

【トラックでセールスに回る仕事】

実費で5000ドルくらいのトラックを買いセールスに回る仕事でした。すぐ採用されて稼げると言われたんですが、怪しすぎて辞退しました。

 

【ホテルのブラック仕事】

ホテルのハウスキーパーも歩合制で稼げなすぎて1日で辞めるのをスーパーバイザーに言ってやめました。後から友達に聞いた話だとほとんど給料は貰えないとのことでした。(Me○ton hotel ) もちろん給料はありませんでした。

【ボンダイにあるレストラン】

ボンダイのレストランでの1日トライアルを受けたのですが、グラスを割ってしまい怒られはしなかったのですが、後日メールの連絡で落とされてしまいました。

 

【アーモンド工場】

時給17ドルのアーモンドファクトリーは良かったのですが、時給25ドルの仕事に行くことにしました。 3日働いただけでしたが、きっちり給料を手渡しでしたがもらえました。 日本人オーナーが経営するスタッフが3人の小さな工場ですがオススメです。

 

⇒いろいろありましたが、最終的に25ドルのファクトリーで働くことが出来ました。

 

仕事が見つかるまでのギリギリの生活

 

当時は、コリアンのオーナーの週125ドルのアパートに住んでいて、お金がギリギリあるか無いかだったので、アコモにある無料のご飯と自分で買ったふりかけだけとか、野菜はレタスだけとか、安いミーゴレンとご飯だけとかの生活をずっとしていました。

 

一緒に住んでたコリアンのメンバーがめちゃくちゃ親切で、よくコリアンラーメンを分けてもらったり、そのハウスメイトやコリアンのオーナーにもいろいろ助けてもらいしました。

 

 

最後に

 

あの時は生活できるお金がギリギリでしたが、無事ファクトリージョブをゲットすることが出来ました。あの時は本当に運が良かったなと思います。